FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
ブラインドネス
2008年12月04日 (木) | 編集 |
ブラインドネス1

ひとりの男が、突然失明した。それは悪夢の始まりだった――。

政府は、増える失明患者に対し隔離政策をとるんだけど、
手のうちようのない病なので、施設に放り込んで、あとは、ほったらかし。
やっかい者は社会から切り捨ててしまう政策だ。
その後の
施設内のことは、省略。(ちょっと書いてたんだけど、いやになってきて)
観てて胸くそ悪い気持ちになっただけです。 よ。
施設内を通じて、国どうしの戦争、強い者による搾取、人間の欲望のようなことを感じとらせていく比喩的なお話なんだろうと思う。そして、死体ごろごろの外界、人間も犬の餌になる、生と死の世界を描いてる。

でも、どうなんだろう。
実際に施設に放り込まれて、
まず、わけわからない状態でしょ。病気?細菌兵器?死ぬの?
失明のみの症状である、ということは、誰にも、わからないですよね。
未知の状況で、生存しなければならない。
時間経過とともに、しなければならないことは、山のように出てくるわけで、
刻一刻、どんどん状況が、変化していくようになるんじゃないかなと思う。
漠然とした絶望モードで、ずぅーといるなんてことはないと思います。
映画で描かれる修羅場は、あくまでも目の見える立場の人の論理ですね。

ブラインドネスIMG

実は、この施設の中に、目の見える人間がひとりいて、それが主人公の女性だ。
異端者である彼女が、どう行動するかなんですけど、
う~ん、まったくの傍観者である。
彼女は、観客の目の代わりに存在にしてるだけみたいです。
彼女の目を通じて、
あー、音楽を聞いて、安心で優しそうな顔になるんだ、とか
なるほど、雨が降ると、うれしそうな顔になるんだ、みたいなこと、
を感じとれるのはたいへん良かった。
でも、実際は、彼女は、じっとしてることはできないと思う。

悪い方向だけを見せていくことによって、思考をそっちに向けてるのかな。
観客の視野幅をタイトルどおり、さえぎっていく映画みたいな雰囲気ですね。
カメラが180度違う方向へ回ってくれると、希望が沸くんだけどなぁ。
それは、しないんだろうな。
悪い材料ばっかり見せてさよなら~って、されたみたい。
残された私は、ぼぉーとした不快な気分のまま、どうもよろしくないですね。
人間て、こんな状態で、こんなとっぴなこと思いつくんだみたいなみたいなことをちょっぴりだけ描いてくれると面白いんじゃないかと思う。
何かしなければならないような気持ちを喚起させて終わって欲しかったです。

伊勢谷友介、木村佳乃の日本語が変なのがすごく気になったよ。

『ブラインドネス』 Blindness 2008年【日・ブラジル・カナダ】
ドラマ
監督:フェルナンド・メイレレス「ナイロビの蜂」
出演:ジュリアン・ムーア(女優)医者の妻
   マーク・ラファロ(男優)医者
   アリス・ブラガ(女優)サングラスの娘
   ダニー・グローヴァー(男優)黒い眼帯の老人
   ガエル・ガルシア・ベルナル(男優)バーテンダー・ 第三病棟の王
   伊勢谷友介(男優)最初に失明した男
   木村佳乃(女優)最初に失明した男の妻
原作:ジョゼ・サラマーゴ「白の闇」
私の感想 ★★★☆☆ 
スポンサーサイト