FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
チェ 39歳 別れの手紙
2009年02月03日 (火) | 編集 |
チェPart2_チラシ

1965年3月、チェ・ゲバラは、忽然と姿を消した。様々な憶測が飛び交う中、カストロはキューバ共産党中央委員会の場で、チェ・ゲバラの“別れの手紙”を公表する。1966年11月、ボリビア入国。ボリビアはアメリカと強固な関係を築くバリエントス大統領の独裁政権下にあり、農民やインディオは圧制と貧困にあえいでいた。
約一年間に及びチェ・ゲバラが記し続けた“ボリビア日記”は、ついに最後のページを迎る。



Che: Part 2、初日に行ってきました。
実は、続きが、すごく観たくて。
結構、淡々とした『チェ 28歳の革命』が気に入っていたのです。

観て、最初に思ったことは、
肉体は死んだ、だが、チェの信念は生きているみたいなことかな。
でも、このブログを書くためにチラシ、パンフみたら、書いてあったわ。
信念は、死なない。
とキャッチフレーズが。
たしかに、そういうことを感じる映画でしたね。

チェPart2_モノクロ1

Part 1より、カメラが引き気味の遠景場面も混ざるようになり、画面が変化するので、観てて、つら~くならずにすみましたね。と、いうか、ものすごく面白く観れた。Part1の感覚と全然違ったなー。

Part 1と同じく、ゲリラの行程を追って行きます。
Part 2は裏表ひっくりかえしたような道中。
政治工作のバックアップもなく、資金も集まらない。
農民も立ち上がってくれないし、仲間の士気もあがっていない。
チェを喘息が襲い、がたがたの体で突き進んで行く。
やがて、ゲリラ部隊は、どんどん寸断され壊滅していきます。

死へ向かっていく行軍という感じでした。
それが、わかっていて、
チェという男は、死というものを前にして、少しもぶれていないです。

チェに魅力を感じるPart1でしたけど、Part2まで観て、魅力を感じるとかカッコいいとか思ってたらだめなんやろなぁ~と思いました。劇中に出てきたゲリラ活動の仲間と一緒になってしまします。
何をするにもチェの指図を仰いだり、チェに相談したり、彼らは、自分の志しのもとに行動していないからなー。

最後、チェ自身の視点になって倒れていく。チェが最後に見るものは、顔もわからない人物の足元だけだ。戦慄的な切り替わりでしたね。
結局、私たち、庶民に見えるものも、こういうものなのかもしれない。足元だけ。そんな上の方のことなんてわかるわけないもん。もともと、上を見る必要もないんちゃうかなとも思う。

ひとりひとりの足元からというのが一番大事なものなんだろう。
人間を信じるというチェの言葉が印象に残ります。
Part1、Part2は、ひとつが表、ひとつが裏みたいに、
どっちも必要な、かなり感じ方が違う作品となりました。

静かなまったく音のないエンドロールも変わってましたね。


『チェ 39歳 別れの手紙』 
Che: Part Two(Che: Guerrilla) 2008年【米・仏・スペイン】
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ベニチオ・デル・トロ(男優)チェ・ゲバラ
   デミアン・ビチル(男優)キューバ社会主義の父 フィデル・カストロ
   カタリーナ・サンディノ・モレノ(女優)女性活動家アレイダ・マルチ
   ヨアキム・デ・アルメイダ(男優)バリエントス大統領
   ロドリゴ・サントロ(男優)ラウル・カストロ
   フランカ・ポテンテ(女優)女諜報員タマラ・ブンケ
   ルー・ダイアモンド・フィリップス(男優)マリオ・モンヘ
私の感想:★★★★☆ 全部を観終わった時、始まりとなる映画ですね。
伝記劇場
チェ 39歳 別れの手紙は、
1965年10月3日 カストロ、チェの別れの手紙を公の席で読む から
1967年10月9日 チェ、ボリビア政府の指示により処刑される まで
を描いています。

スポンサーサイト