FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スター・トレック
2009年06月01日 (月) | 編集 |
俳優さん一新、新しい幕開けのリ・イマジネーション作品。
ビギニング風だけど、カークやスポック、戦い方、スタートレックの持つイメージをすごく大事にした新シリーズですね。誰もが楽しめる作品になってました。(^O^)!

スター・トレックポスター
スター・トレックメンバー

私は、スタートレックの熱烈なファンではないけど、テレビ版を少しと、劇場版は観てるので、なんとなくスタートレックはわかります。
パンフには、監督J・J・エイブラムスは、スタートレックのファンではなかった、と書いてあって、その点では、私もそれに近いイメージかな。面白い部分もあるし、うっおしい部分もあるのが、スタートレックだ。

スター・トレック001

まず、私がイメージするカーク船長といえば、わがままな人。
たいへん独断的で、はったりと脅かしだけで窮地をしのぐとんでもない奴で、船をまかせられるようなタイプではないのだ。この船が問題なく動いてるのは、副長スポックの論理的なヴァルカン人思考が加わってるからなんですよね。
肩書きに関係なく、それぞれが自分の持ち味を活かせる場、これがエンタープライズ号で、イメージとしては、良き従業員が集まったベンチャー企業、そこの変な社長さんがカークだろなぁ。

カークの性格を端的に表すのに、コバヤシマルの試験を持ってきてるのは、さすがと思い、うれしくなった。
コバヤシマルシナリオは『スタートレック2/カーンの逆襲』に出て来ていて、士官候補生の中で、この試験をクリアできた者は、歴代カーク一人だけなのです。
カークがなぜ、この難問を解けたか。
単純そのもので、彼は、試験の問題そのものを書き変え、自分の解答を正解としたからなんですね。そんなん、ずるい!とみんなは言うでしょう。
しかし、これこそカークなのです。無茶なごり押しの性格が、いやがられるけど、彼の発想に何かを期待してしまう不思議な存在なのです。

なんだか、カークのことを長く書いてしまった (°□°;)

スポックをフィーチャーしてる今作は、
これぞスタートレックよ、いう感じで、気に入りましたよ。

理知的なヴァルカン人から見ると、地球人って、がさつで感情的な種族として扱われてるんでしょうね。そんな中、サレクとアマンダの間に生まれた子が、スポックで、幼き日より、地球人の血を持つスポックはいじめにあってきたんですね。その境遇ゆえ、よりヴァルカン人としての振る舞いを強く意識して育ってきたのでしょう。ヴァルカン人は、感情を顔に出す事を美徳としないので、いっそう彼の奥にある葛藤が観ててつらいのよね。そんな彼が、カークといういやな地球人と出会います。どう見ても、スポックの方が船長として適任なのです。でも、論理的思考で縛られる自分とは違う何かを、カークの中に感じるわけなんです。彼は、いさぎよくカークを認め、地球人の感情を理解しようと努め、やがて、かけがえのない友になっていくんですよね。

それは、父が地球人である母をなぜ愛し、なぜ自分が生まれたのかを知っていくということにイコールしていくと思うんだけど、これは、今後のストーリー展開によりますね。ウフーラの存在も、大きなウエイトを占めていきそう。愛という感情で揺れるスポックも描かれていくのかな?
型にはまらない男カークの無茶で、さらにスポックが活きる新シリーズ、このぶつかり合いは面白そう。

他、マッコイ、スールー、チェコフ、そしてスコットと主要キャラのイメージが、かなり強く描かれてて、かなり楽しいものになってました。

スター・トレック002

レナード・ニモイが登場するのは、ほんと、サプライズでした。レナード・ニモイが、若き自分自身に、艦隊に留まり、エンタープライズ号の乗船を進言する場面は良かったです。スポックは、レナード・ニモイの役者人生においても、大きな意味を持つ役だったでしょうから、若き自分に語るイメージがダブり、なんか感激しましたね。

あと、音楽が変わってしまってるのが、すごく気になってたんだけど、
最後に、
宇宙……。それは人類に残された最後のフロンティア~
というナレーションとともに、♪初期のテーマ曲が流れた。ツボを押さえてくれてはるわ。すごく、ほっとしたというか、うれし~い気持ちで観終われた。

新シリーズは、パラレルワールド、たいへんよく似た歴史を持つ別の世界でのお話のようですね。この発想の作り方はいいね。これで、従来のイメージを払拭し、まったく新しい物語を展開できます。違う未来へ向けての発進!
新しい冒険の始まりは、ワクワクします。ワープ1で前進だ!(´▽`)

スター・トレックエンタープライズ

スター・トレック STAR TREK 2009/アメリカ 126分
監督:J・J・エイブラムス
脚本:ロベルト・オーチー/アレックス・カーツマン
クリス・パイン……ジェームズ・T・カーク
ザカリー・クイント……スポック
カール・アーバン……レナード・マッコイ
ゾーイ・サルダナ……ウフーラ
ジョン・チョー……スールー
アントン・イェルチン……チェコフ
サイモン・ペッグ……スコッティ
エリック・バナ……ネロ
ベン・クロス……サレク
ウィノナ・ライダー……アマンダ・グレイソン
ブルース・グリーンウッド……クリストファー・パイク 
★★★☆☆

オリジナル版オープニング Star Trek Original Series Intro (HQ)

スポンサーサイト