FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
ダークネス
2009年08月27日 (木) | 編集 |
家族に迫る闇を描く。
これは『REC/レック』の監督さん、ジャウマ・バラゲロ作品ということで観てみました。スパニッシュホラーは、独特の恐さがあっていいですね。

ダークネスPOSTER

私、父が恐いの。と、娘レジーナは言う。
父マークは、神経症を患っていて、
これは、40年前の7人の子供の失踪事件に原因がある。
一人だけ、脱出し、助かった少年が父なのだ。

父の病気は、スペインに引っ越してから再発し始め、発作が起きると感情を押さえきれず、何をするかわからない。弟ポールも、ふさぎがちで、奇妙なことに、知らぬ間に体に傷が出来たりしている。おかしいと思って、母に相談するが、母は冷たく気にしすぎだと言うばかりだ。
この家に原因があると考えたレジーナは、
恋人と共に、この家の秘密を探り始める。

40年ぶりの日食の日が近づく、これも、何か関係があるのだろうか。

ダークネス01

何度も過去の事件のフラッシュバック映像が差し込まれたり、
家の電気が突然、消え停電になる、など、
ジャウマ・バラゲロ監督は、カットをすばやく切り替え、画面編集的に、
恐怖をあおっていくスタイルですね。

静かに忍び寄る深い闇の恐怖でなく、動き迫ってくる黒い闇の恐怖を描いています。
お父さんの病気が爆発し、この家に、たいへんなことが起きるかもしれないという不安要素が、この物語を加速させていきます。

ダークネス03

最初、アメリカに帰りたがっていた主人公レジーナが、怪現象とともに、家族に対する愛情を自覚していくのがポイントとなる話なんですけど、それが、監督さんのスタイルでは表現しにくいですね。ストーリーはうまく考えられていてホラーとしては楽しめますけど、まとまりきらない感じがしました。

ダークネス DARKNESS 2002年/スペイン/アメリカ 99分
監督:ジャウマ・バラゲロ
主演:アンナ・パキン/レナ・オリン/イアン・グレン/ジャンカルロ・ジャンニーニ
★★★☆☆
ダークネス [DVD]

ジャウマ・バラゲロ監督作品を調べてみた。
◎REC/レック (2007)監督/脚本
◎機械じかけの小児病棟 (2005)監督/脚本
◎ダークネス (2002)監督/脚本
◎ネイムレス 無名恐怖 (1999)監督/脚本


ダークネス02
スポンサーサイト