FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
プライド
2009年09月04日 (金) | 編集 |
『つらくても 情けなくても これが私の現実だ
自分を嫌いになるようなことはやめよう
一番恥ずかしいのは 何もしないで 自分の弱さを許して生きることだから』


PRIDE_img1.jpg

プライドってなんだろう? 一条ゆかり原作を『デスノート』の金子修介が映像化。
キャストがバシッと決まってる、面白い映画だよ。 (^▽^)/

原作コミックは、コンビニの廉価版Vol.1を読んでました。
伝説のオペラ歌手の娘で、豪邸に住み何不自由なく育った、麻見史緒。
アル中の母親を抱え、貧しきバイト生活で二流の音大に通う、緑川萌。

声楽家を目指しながらまったく違う世界に生きてきたこの二人が、出会い、憎しみ合い、本音をぶつけ合う、女のバトル。これだとありきたりなんだけど、プライドというものを軸に持ってきてあるのが、この原作の優れたところ。プライドが、時には邪魔をしたり、時には強く生きる力になっていったりする。自分に対して、真っすぐな彼女たちの気持ちが、心に響くのだ。

PRIDE_Poster1.jpg

二人が因縁の仲となるのは、萌が志緒の豪邸へとクリーニングのアルバイトに訪れたのがきっかけだった。不要になった5万円の高額チケットを志緒からもらい、一緒に出かけたオペラの会場で、志緒と自分との圧倒的な身分差を思い知らされた萌は、志緒に対し敵意にも似たライバル心を燃やす。一方、父から突如として破産を告げられた志緒は、ハイソな生活に別れを告げねばならなくなる。そんな二人が、イタリア留学をかけたコンクールの決勝で激突。それは二人の長い戦いの序章にすぎなかった――。

映画は、この物語の核心を思いっきり引き出したように、マンガよりマンガな表現。

どん底に生きる萌は、事あるごとに、史緒を貶めようとする。
萌にとって、志緒は、自分の境遇やみじめさ、その憎しみを、ぶつける相手なのだ。
夢に対してどん欲な萌を、演技派の満島ひかりが演じる。かなり極端な表情・身ぶり手ぶりのオーバーアクションで魅せていて、うまい。どんなに、カッコ悪くたって自分を出し惜しみしない彼女って、卑屈なようで、すがすがしいのだ。

対する史緒は、お嬢様から無一文になるという転落人生。
育ちがはぐくんだピュアさを芯に持つ彼女は、逆境になろうとも自分を見失うことはない。史緒を演じるのは、5オクターブの声域を持つシンガー、ステファニー。本業が歌手なので、演技はもちろん、うまくないが、それがかえって嵌ってて不思議。彼女は、歌手だからか、いつも胸をはっていて、姿勢が良い、それが、このキャラ表現に、すごく効いている。

PRIDE_Photo1.jpg

本来は、オペラが舞台の話なんだけど、
自分たちの持ち味の出せるPOPSで勝負をさせてるのが、うまくいってる。
この物語は、プライドを扱うものだから。
彼女たちが、歌うシーンは、演技から解放され、
自由に表現し、楽しく歌っているという気持ちが伝わりますね。
歌を合わせた時だけ、お互いを認め合い、
二人にわかる会話があるみたいで、たいへん感動的なシーンになってます。
見せかけのオペラにしたら、こういう演技を越えた雰囲気は出せなかっただろうと思う。

PRIDE_Photo2.jpg

自分を飾るプライドなんて要らない。
他を高めてこそ、はじめて、プライドと、呼べるのかもしれない。

プライド 2008年【日】
監督:金子修介
原作:一条ゆかり プライド (1) (クイーンズコミックス―コーラス)
出演:ステファニー/満島ゆかり/渡辺大/高島礼子/及川光博
★★★★☆ 良く出来てる。
◎DVD プライド デラックス版
◎主題歌 Pride~A Part of Me~feat.SRM

PRIDE_img3.jpg

プライド~オペラ・アリア・セレクションプライド~オペラ・アリア・セレクション
(2007/05/02)
オムニバス(クラシック)ジョーンズ(グィネス)

商品詳細を見る

スポンサーサイト