FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
ココ・アヴァン・シャネル
2009年10月09日 (金) | 編集 |
もし翼を持たずに生まれてきたのなら、
翼を生やすためにどんなことでもしなさい


COCO avant CHANEL P

シャネルになる前のココを描いています。『ココ・シャネル』に続いての上映になるので、ヤフーやブログ等の評価は、あまり良くないみたいですね。
伝記というものが、川の流れだとしたら、この作品は、山奥にある源泉を探していくもので、ココが見たもの感じたものを、彼女にできるだけ近い視点で見てみようという作品です。

つきつめてしまうと、
独学をしてきたシャネルさんなら、
私の伝記を見て感銘や感動などするな、と
おっしゃるだろう。
自分で人生をデザインし、感動を作ってきたのが私、
与えられたものには満足しない、
というところでしょう。
彼女の心の奥にあったもの、源泉は誰にもわからないんですけど、
そこを垣間見てみようというスタンスで、すごく面白かった。

COCO avant CHANEL 1

孤児院で育った彼女は、独自の世界観を持ってたと思うし、母親のような人生を歩みたくないという反発心も、大きかったかもしれない。歌手の夢が挫折した彼女は、エティエンヌ・バルザンの愛人として暮らすことに。与えられた服を着たところで、それは、真似事なのであって、境遇の根本的な違いは、変わらない。彼女は、ここに居座るため、自分の存在を作っていこうとします。かなりの葛藤と模索は、あったんだろうなと思います。
その葛藤から生み出されてくるものが、紳士服のアレンジだったり、シンプルな服装で、それを、彼女は着続けるんでしょうね。
ボーイは、成功した青年実業家で、見る目があった人でしょうから、ガブリエルにとって、話が通じる人だったんでしょう。その点が、バルザンとの違いで、彼女は、ボーイに惹かれていく。黒のドレスを着て踊るガブリエルの楽しそうな表情が印象的だ。

この物語のオドレイ・トトゥは、笑顔も見せず、かわいらしくないニュアンス。
観てる人を、ガブリエルの内面へ導く感じで、良かった。過去が回想されながら、モデルさんが幾重にも映し出されるらせん階段のシーンが、たいへん美しい。

イメージ的に最後は終わっていくんだけど、ここから先のストーリーを作っていく主人公は、あなた。みたいな感じなんでしょうね。カッコいい。


※感想を書きつつ思ったけど、当時の労働者階級の人は、どんな服を着ていたんだろう。機能的であっただろうなと思うし、デザインやファッションということでなく、ガブリエルのように、中性的な服を着た人は街にいたかもしれない。自由であったかもしれない。貴族階級の人は、時が止まったように、時代遅れということかな。

ココ・アヴァン・シャネル COCO avant CHANEL 2009年【仏】
劇場鑑賞
監督:アンヌ・フォンテーヌ
出演:オドレイ・トトゥ/ブノワ・ポールヴールド/アレッサンドロ・ニヴォラ/マリー・ジラン/エマニュエル・ドゥヴォス
★★★☆☆

COCO avant CHANEL 2
スポンサーサイト