FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
ストレンジャーズ/戦慄の訪問者
2009年10月13日 (火) | 編集 |
“実際の事件に基づく物語
FBIの報告では 毎年140万件の暴力事件がアメリカで起きている
2005年2月11日の夜 
クリスティンとジェームズは 友人の結婚披露宴を抜け出し別荘へ戻った
そこで起きた凄惨な事件は未解決のままである”


ストレンジャーズ/戦慄の訪問者P

その夜の二人は最悪なムードだった。
クリスティンは、ジェームズの求婚を、まだ早すぎると、断ってしまったのだ。朝の4時頃、「タマラはいますか?」と不審な少女が、突然、訪ねてくる。そんな人はいないと、少女を追い返し、落ち込むジェームズは車で外へ出かける。家には、クリスティンひとりきり。その時、再び、ノックの音が響き渡るのだった。

理由なき恐怖。最初、家の周りで脅かしていた何者かが、次第に、過激になり、家の中にまで侵入してくる。この恐怖をリブ・タイラーといっしょに体験する、という趣向の作品だと思います。お面をつけた相手は、あまり映らず、リブ・タイラーが、家の中や庭先を動き回る、ひとり芝居ですね。

夜中に、家の扉をドンドンされるのは、恐いですけど、
それ以外は、なんの工夫もないですねー。
二人の仲が気まずい、という最初の設定も活かされないし、追いつめられていく恐怖感もなく、何がしたかったんだろう、という作品でした。こういう作品を観ると『モーテル』や『正体不明 THEM ゼム』は、うまく作られてるなぁと思います。

ストレンジャーズ/戦慄の訪問者02

DVD 特典のメイキングを観ると、日常の恐怖を描きたかったということで、米国によくある一般的な家をスタジオに再現したらしいです。この家の中を、動いたら、恐くなるだろうという安易な考えですね。
スリラーですから、リブ・タイラーの心情こそ、大事ですよ。ジェームズは、殺されたのか、奴らは今、どこ潜んでいるのか、残された彼女の中に沸く疑心暗鬼こそ、恐怖だと思うんだけどなぁ。

かくれんぼや鬼ごっこを見せられてる感覚でしたが、
この『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者』は、大ヒットなの?
なんと、続編が、すでに決定してるらしい ( ̄□ ̄;)!! なんだか、不可解です。

ストレンジャーズ/戦慄の訪問者 THE STRANGERS 2008年【米】85分
監督・脚本:ブライアン・ベルチノ
出演:リヴ・タイラー/スコット・スピードマン/ジャマ・ワード/グレン・ハワートン/キップ・ウィークス/ローラ・マー
★★★☆☆ 木々があり、走って逃げ出せそうで、逃げ出しくいという家のロケーションは、なかなか良かったと思う。あとは、作り方次第だったかも。
ストレンジャーズ / 戦慄の訪問者 [DVD]
ストレンジャーズ/戦慄の訪問者01

◎関連記事 同じく、実話ベース作品。おすすめ。
→『正体不明 THEM ゼム』(ルーマニアでの事件)
スポンサーサイト