FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
マン・オン・ワイヤー/MAN ON WIRE
2010年01月23日 (土) | 編集 |
もう、これは、芸術だ (@_@)

マン・オン・ワイヤー画像1

1974年8月7日、朝。23歳のフランス人フィリップ・プティはNYワールドトレードセンターの屋上にいた。ツインタワーの間に張られた細い綱の上を綱渡りしようというのだ。彼はさかのぼること6年前に雑誌でツインタワー建設計画について読んで以来、この計画を企み続けてきていた。友人ジャン・ルイと共に少しずつ仲間を増やし、不可能と思われた準備を遂行。そしてついにフィリップは、綱に足をかけようとしていた……。

劇中で、フィリップ・プティさんが、語っていた言葉に、こういうものがありました。

人生はエッジを歩いてこそ価値がある
反骨精神を持たねば
社会の規則に慣らされることを拒み
出世を拒み
繰り返しを拒む
日々すべての発想を真の挑戦と受け止めろ
そうすれば 人生は綱渡りになる
 

言葉だけ読むと、変わり者、ひねくれ者のように、見えるんですが、
本作を観た後は、この言葉が、痛快で前向きなもの、と感じるように、なります。
当時の映像に、関係者や彼自身の証言を交えて描いたドキュメンタリー作品で、第81回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞ほか、数多くの映画賞を獲得しています。

マン・オン・ワイヤー画像2

綱渡りといっても、これ、犯罪になるので、ワールドトレードセンターに忍び込み、警備員の目を盗みワイヤーを張るだけでも、たいへんなんですよ。協力してくれる人、入念な下見、計画、練習、機材の運び込みなど、これがなくては、始まりません。途中、計画から離れる人が出たり、あまり信頼できそうもない人が加わったり。いざ、登っても、吹きっさらしの屋上が、寒そう。誰かが準備してくれるというわけではないので、体力的にも、だいじょうぶかな、ほんまにやるの?と、心配しましたよ。

本人フィリップ・プティさんが、当時のことを、ほんと楽しそうに、しゃべります。私のためのステージを建ててくれていると思ったらしい。確かに、ツインビルだから、そう見えるよね。協力してくれた人は、彼のパフォーマンス、無邪気な性格に触れ、動かされたんだろうな。尻込みしたり、トンズラした協力者まで、インタビューに出てくるのも、面白い。一時期でも関わったことが、誇りに思えるような、すごいことだったんでしょうね。

アホなことする人おるねんなぁ、と思って観始めたけど、最後の方には、すごい!偉大な出来事!と感じますよ。この歴史の1ページの目撃者でなかったことが、残念に思えてくる。

渡り始めてから、写真による構成で見せていくのが、いいんですよ。彼の、よし、いけると、胸おどる気持ちや、これを見てる人の驚きが、写真から想像され、感嘆の声が聞こえてくるような気がします。ワイヤーの上で、ひざまずいたのには、わぁーと思ったわ。自分も、これを見た人のような高揚感が、味わえますね。

夢をかなえた彼は、超有名人になり、結局、恋人と別れてしまったそうです。協力者の中には、国外退去になってしまった人もいて、チームの人たちと疎遠になってしまったみたいですね。
フィリップ・プティさんは、このあとも、彼らしく生きてきたんだと思うし、それを、見たり聞いたりは、みんなの人生に、励ましに、なっていったんじゃないかな。

見せていき方が、すっごく、うまい作品で、魅了されてしまいました。

マン・オン・ワイヤー MAN ON WIRE 2008年【英】95分
監督:ジェームズ・マーシュ
出演:フィリップ・プティ(本人)/ジャン=ルイ・ブロンデュー(友人)/アニー・アリックス(恋人)/ジム・ムーア/マーク・ルイス
★★★★☆(4.5)
マン・オン・ワイヤー スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

マン・オン・ワイヤーポスター
スポンサーサイト