FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
ホワイトアウト
2010年04月08日 (木) | 編集 |
南極で、殺人事件が起こったら……

ホワイトアウトポスター

ハードボイルド作家グレッグ・ルッカの同名グラフィック・ノベルを「アンダーワールド」のケイト・ベッキンセイル主演、「ソードフィッシュ」のドミニク・セナ監督で実写映画化したサスペンス・アクション。アメリカの南極基地を舞台に、南極で最初の殺人事件に立ち向かうことになったアメリカのタフな女性捜査官が、迫り来るタイムリミットと想像を絶する自然環境に苦戦しながら犯人を追いつめていく姿を描く。

ホワイトアウトって検索すると、織田裕二の映画が出てしまう (^▽^;

最初のロシア機の銃撃戦場面が、長々と続いて、
あまり、面白くなさそうな予感がしたなぁ。

これは、過去の事件のトラウマを持つキャリー・ステッコ連邦保安官(ケイト・ベッキンセイル)が、南極という特殊な条件下で、危機に陥りながら、犯人を捜す刑事アクションです。しかも、残された期間は、3日。半年続く長い冬を迎えると、すべてが闇に覆われてしまう状況です。
たいへん、スリリングな設定なんだけどなぁ。
この事件の要因として、閉ざされた場所、正常な神経を狂わせていく白夜という背景的恐怖もあるわけです。この異様な雰囲気を、きちんと描いた上で、主人公キャリー・ステッコを活躍させないと面白くないですよね。

ロケも、お金かけてるような感じだし、アクションとしては、舞台が変わって、充分、観れるものにはなってます。けど、見た目が変わっただけとも言えるので、もっと、本質的な部分を変えないと、だめですね。
脚本・監督が、違ってたら、もっと渋い作品になったと思います。

ホワイトアウト WHITEOUT 2009年【アメリカ/カナダ/フランス】101分
監督:ドミニク・セナ
ケイト・ベッキンセイル/ガブリエル・マクト/コロンバス・ショート/トム・スケリット/アレックス・オロックリン
★★☆☆☆
ホワイトアウト [DVD]
ホワイトアウト写真

◎関連記事 →コールドプレイ →ザ・コールデスト 
スポンサーサイト