fc2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
シャッター アイランド〈字幕版〉
2010年04月10日 (土) | 編集 |
シャッター アイランド。それは、心の闇の果てに浮かぶ孤島である。

シャッターアイランドイメージ

字幕版で楽しみましょう。
吹替版は、観たらだめだぞ。Σ (`□´/)/

シャッターアイランド_レオナルド・ディカプリオ1

ボストンの沖合いに浮かぶ孤島シャッターアイランド。そこには、精神を病んだ犯罪者を収容するアッシュクリフ病院があった。1954年9月、連邦保安官のテディは、相棒のチャックと共にこの島を訪れる。目的は、女性患者失踪事件の捜査。レイチェルという犯罪者が前夜、鍵のかかった病室から消えてしまったのだ。行方を追う唯一の手がかりは“4の法則”という暗号が記された意味不明な一枚の紙だった。


まず、謎解き映画じゃないでしょ。超訳の吹替版や二度見キャンペーンって、なんじゃそりゃ。配給会社の人間って、なんで、こんなしょーもない発想に労力を使うんだろ?シャッターアイランドに一度、ほりこまれて、脳の治療を受けたら、いいと思いますわ。

これは、精神的スリラーで、いわばホラー映画です。真相は、推理小説やB級スリラーで、多く使われてるアイデアですから、予想出来るように作られています。予想できるけど、自分が、そう思いこんでいるだけではないか?現実と虚構に翻弄される気持ちを味わう映画ですね。
レオナルド・ディカプリオの内から沸き起こる暴力を静めようと葛藤する姿が堪能できます。不気味なセットが大ががりで、B級作品をスケールアップしたら、こう見えるのかという点でも、楽しんで観れました。

シャッターアイランド_レオナルド・ディカプリオ2
レオ様じゃ、オレ様の演技に文句あるのか。怪しげなネクタイ(^^)

ただ、既存のスリラー作品で優秀なものが出揃ってますからね。なにか伏線がつながる部分を持たせた方がいいと思うし、最後の主人公の哀しき選択、ここに向かうドラマとしては、甘い作りに感じます。冒頭、恐ろしげに見える孤島が、悲しきものに見えるようなラストに持ってきてくれると、私は、大満足だったのになぁ。マーティン・スコセッシ監督は、こういうホラー系作品を、撮りなれてない感じが、ちょっとしたかな。

シャッター アイランド SHUTTER ISLAND 2009年【米】138分(パンフ600円)
監督・製作: マーティン・スコセッシ
原作:デニス・ルヘイン シャッター・アイランド (ハヤカワ・ミステリ文庫)
出演:レオナルド・ディカプリオ(テディ・ダニエルズ)/ベン・キングズレー(ジョン・コリー医師)/マーク・ラファロ(チャック)/ミシェル・ウィリアムズ(妻)/マックス・フォン・シドー(医師)
★☆☆☆☆ 
作品としては満足なんですけど、宣伝のせいで、機嫌よく観れない (ーー;)
残念ながら★1つにします。上映前の説明もうっとしかった。

シャッターアイランドポスター

◎デニス・ルヘイン関連作品
ゴーン・ベイビー・ゴーン
スポンサーサイト