FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
THE WAVE ウェイブ
2010年05月05日 (水) | 編集 |
ドイツで製作されたというのが、興味深いですね。

THE WAVE ウェイブ DVDパッケージ

実在の事件をもとに、高校生たちが集団狂気にのめり込んでいった、
5日間の心理実験を描いたドイツ映画。

映画の基になったのは、1967年、カリフォルニアの高校のカリキュラムで行われた「ナチスの独裁政治を繰り返さないため、実際に独裁政治を行ってみる」という実験。1日だけのはずであったその実験は瞬く間に学校全体へ広がり、その集団は「ウェイヴ」と名付けられ、実験を始めた教師ですら制御できなくなっていた。


「独裁制」という選択授業でのお話。
現在のドイツで、独裁制なんてありえない、という生徒たちの意見を聞いた教諭。
そうかな。独裁制とは、どういうものなのか、実習で体験してみようということで、
自分が、指導者になって、独裁制の実習が始まります。

全員で、白いシャツを着たり、ウェイヴという集団名を名乗っていくうちに、
私個人ではなく、ウェイヴという集団のひとりとして、ものを考えるように変わり、自分の意志がなくなってくるみたいですね。白いシャツを着ている人間と、着ていない人間を区別しだし、他者を認めないという動きまで出てくる。

多くの学生は、集団としての一体感のノリなんですけど、普段、家に問題があったり、学校生活にうまくなじめないような生徒の中に、ウェイヴの異様な高揚感に、のめりこんでいってしまう者が出てきてしまいます。

悪気のない集団的暴力というのは、日常の学校や会社において、簡単に起こってしまいそうなことだけに恐ろしいですね。

THE WAVE ウェイヴ THE WAVE/DIE WELLE 2008年【ドイツ】108分
監督・脚本: デニス・ガンゼル
原作:ウィリアム・ロン・ジョーンズ/モートン・ルー
出演:ユルゲン・フォーゲル/フレデリック・ラウ/マックス・リーメルト/ジェニファー・ウルリッヒ
★★★☆☆(3.0)
ウェイヴ [DVD]
スポンサーサイト