FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
奇術師フーディーニ ~妖しき幻想~
2010年05月23日 (日) | 編集 |
幻影師があるので、奇術師!と、きたんでしょうけど……

奇術師フーディーニ~妖しき幻想~DVD2

こんなタイトルにしなくともよかったのに、と思います。
日本では「脱出王フーディーニ」って言われても、誰かわからないもん。
脱出王として、日本で有名なのは、引田天功さんですよね。
実在した人物ということも、かえって不利で、
この人には、興味ないなーと思いつつ借りてみました。

内容は、降霊ショーを行うメアリーとベンジーの母娘のラブサスペンスでした。
この二人に関わる人物として、奇術師フーディーニが、登場します。

キャステングは、渋いですよ。
母メアリーに、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。
娘ベンジーに、シアーシャ・ローナン。
そして、奇術師フーディーニに、ガイ・ピアース。

奇術師フーディーニ~妖しき幻想~IMAGE

当時、降霊術が、すごく、はやっていたらしく、メアリーとベンジーも、生活のため、母娘で、インチキ降霊ショーを行っています。この母娘の住む街に、有名なフーディーニが、やってきて、他界した母の「最期の言葉」を言い当てた降霊術師には、高額の賞金を与えると発表します。

生活に疲れてきていたメアリーと心に闇を抱えるフーディーニ、お互いに惹かれあう二人の駆け引き。それに、霊的能力を持つ娘ベンジーの見る幻影が加わる。奇術映画としては「幻影師アイゼンハイム」みたいな華やかさがないですけど、なかなか面白くは観れました。

奇術師フーディーニ ~妖しき幻想~ DEATH DEFYING ACTS
2007年【イギリス/オーストラリア】96分劇場未公開
監督:ジリアン・アームストロング
出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/ガイ・ピアース/シアーシャ・ローナン
★★★☆☆(3.5)
奇術師フーディーニ ~妖しき幻想~ [DVD]
スポンサーサイト