FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
バイオハザードIV アフターライフ《3D字幕版》
2010年09月05日 (日) | 編集 |
ひょー、かっちょいい~♪先行上映で観てきました。
3Dカメラでの撮影なので、映像がパキッと美しいですよ。

バイオハザードIVアフターライフ_ポスター
ストーリー:ウイルス感染のまん延で世界は荒廃し、人間は滅びつつあった。そんな中、生き残りの人間を探して世界中を旅するアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、ロサンゼルスの刑務所に隠れて生き残る人間たちを見つける。彼らを刑務所から脱出させるため、アリスはアンデッドとの闘いに挑む。

バイオハザードIVアフターライフ_写真1

もとは、日本が生んだゲームということで、新章は、渋谷スクランブル交差点からスタート。アンブレラ施設も東京が本部になってるのも、うれしい。
第一感染者は、中島美嘉らしいが、本編を観ても、誰だか、よくわからんかった。
→くわしくは、シネマトゥディ様の記事を
バイオハザードIVアフターライフ_中島美嘉2


監督が、ポール・W・S・アンダーソンに戻って、すごく良くなりました。
これは、ストーリーなんて、どうでもいいんです。
ゲームベースらしい独特の雰囲気、これが、描けてるかということが大事ですよね。
ゲームをしたことがないので、よく知らないが、
日本のこのゲームが好きで作ってますねん、という感じがするし、
プレイしてる時の体感みたいなものを表現しようとしてるみたいで、
映像や感覚が、いいなぁ。

バイオハザードIVアフターライフ_写真2

ひたすら、ミラ・ジョヴォヴィッチが、
クールでカッコ良く場面を、決めるのが、グッド!
タイトな戦闘服に身を包み、
東京本部では、シュパッと手裏剣を投げ、
ツバのついた日本刀みたいな武器が登場する。
ポーズが、美しさが、魅力的。
途中、女のたしなみと言い、特殊武器アイテムをひろげる。

でかい斧を振り回す怪人や、頭の割れるどう猛犬も登場して、楽しいし、
荒廃した世界の映像、水の映像の鮮明さが、美しくて、ひきこまれますね。

内容的に、どんどんシリーズは作れそうですね。
監督のセンスによって、出来不出来が、すごく左右されそうだが、
バラエティにとんだ楽しみを観せてくれると、うれしいなぁというシリーズだ。
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演じゃない、番外編も作られるかもね。

バイオハザードIV アフターライフ 2010年【アメリカ・イギリス・ドイツ】97分
RESIDENT EVIL:AFTERLIFE 3D
監督・脚本: ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス)/アリ・ラーター(クレア・レッドフィールド)/ウェントワース・ミラー(クリス・レッドフィールド)/スペンサー・ロック(アルバート・ウェスカー)
★★★★☆(4.0)
バイオハザードIVアフターライフ_写真3
※迫力の、デカパンフ700円。内容は、充実してますよ。

公開に合わせ、日曜洋画劇場(テレビ朝日) で、
バイオハザードシリーズ一挙放送なので、合わせて楽しみましょう(^▽^)
2010/9/12(日) バイオハザード
2010/9/19(日) バイオハザードII アポカリプス
2010/9/26(日) バイオハザードIII

◎関連記事→バイオハザード III
スポンサーサイト