FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
ミレニアム2 火と戯れる女
2011年01月14日 (金) | 編集 |
第2弾は、ひたすら、孤独なリスベットだ。

MILLENNIUM2_POSTER.jpg
少女失踪事件解決から1年後、社会派雑誌ミレニアムで少女売春組織に迫った特集の準備を進めていた担当ジャーナリストが殺害される。現場にリスベットの指紋のついた銃が残されていたことから、彼女は容疑者として指名手配される。


MILLENNIUM2_1.jpg
社会派雑誌ミレニアム!といったスタイルの続編です。暴力を異常なまでに憎むリスベットが犯人のはずがない。リスベットの無実を確信するミカエルが、事件の真相を、取材で明らかにしていくとともに、リスベット本人の過去も浮かび上がってくるというストーリー。

MILLENNIUM2_2a.jpg
頭のいいリスベットは、今回も、カッコいいですよ。人を避ける彼女は、誰にも助けを求めず、たったひとりで、調査を進め、自分の過去に対峙していく。

MILLENNIUM2_2b.jpg
今回の彼女は、いろんな顔を見せていってくれます。

MILLENNIUM2_3.jpg
敵に、先天性無痛症という、無敵の、金髪の巨人キャラが登場。

MILLENNIUM2_4.jpg
やっと再会したと思ったら、もうすでに、彼女は、ぼろぼろ。


前回は、財閥のおどおどろしい謎に、踏み込んでいくのが、ぞくぞくしたんですけど、今回は、事件記者サスペンスといった感じで、タッチが、かなり変わった。次回で、いよいよリスベットの活躍も最後です。楽しみですね。(ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士に、つづく)

ミレニアム2 火と戯れる女 2009年【スウェーデン】129分
Flickan som lekte med elden/The Girl Who Played with Fire
監督:ダニエル・アルフレッドソン 脚本:ヨナス・フリュクベリ
ノオミ・ラパス(リスベット・サランデル)ミカエル・ニュークヴィスト(ミカエル)
★★★☆☆(3.5)
◎原作:ミレニアム2 上 火と戯れる女 ミレニアム2 下 火と戯れる女
ミレニアム2 火と戯れる女 [DVD]


<おまけニュース>
リメイク版のリスベット役は、ルーニー・マーラ。彼女は、デビッド・フィンチャー監督の「ソーシャル・ネットワーク」にも出演しています。日本公開を前に、「主演女優のビジュアルが初公開」の記事が出てました。リメイクなんぞ、する必要はないと思いますが、無名女優さんにとっては、チャンスでしょうから、がんばってください。
MILLENNIUM2_5.jpg
左)リスベット役ルーニー・マーラと「ソーシャル・ネットワーク」で共演したジェシー・アイゼンバーグ。
右)普通時の、ルーニー・マーラ

スポンサーサイト