FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
あしたのジョー
2011年02月13日 (日) | 編集 |
「あそこでとどめのアッパーで来るとはな、さすがに力石だ」

拳を交えた者しかわからない。
互いに、微笑み合う二人が、カッコいい!

あしたのジョーTOP

原作・アニメとも名作中の名作。コミック全巻、劇場版ビデオも、持ってます。これは、偉大なる王者みたいなものだ。「リングには世界一の男がおれを待っている。」決して、恥ずかしくない試合をしようと、真摯に取り組んだ挑戦者といった感じの映画でした。
伊勢谷友介と山下智久の絞り込まれた肉体、ボクシング好きの香川照之の熱さ、この思いは、十分に伝わった。原作の精神は、しっかり受け継がれ、表現された作品だと思います。

なんといっても、香川照之の丹下段平。出てきた瞬間から良かった。ボクシングしか生きる術を知らない男の哀れさがリアル。体の動きも良く、ボクシングマニアのこの方がキャステングされてるのが、全体に大きく影響してますね。

伊勢谷友介の減量は、すごくて、これだけでも見る価値あり。力石のボクシングに対する姿勢、美学が、矢吹に影響を与えていくわけで、力石戦までは、力石が主役みたいなもんですからね。矢吹との引き分けを許せないのは、決して、口に出せない白木葉子への想いでもあるんだな、というのは、実写でよくわかったような気がする。

原作の白木葉子というのは、かなり特殊なキャラクターで、愛する男に、次から次へと強敵をぶつけ、興奮を覚えているかのような恐い女だ。映画では、ジム所属のウルフ金串を矢吹にぶつけたり、矢吹に試合をやめて、とお願いするシーンもある。脚本を書かれてる方は、かなりの原作ファンなんだろうと思う。香里奈の白木葉子は、原作とは別キャラの強い女性にして、無難に残したんでしょうね。

山下智久のジョーは、やんちゃなジョーではないが、これは、これで、ジョーだった。漫然と社会に反発し、無気力なだけの彼。ジョーは、貧乏の淵から成り上がる夢を見てるわけではない。リング上で、傷つき、生きている手応えを実感し、喜びを得るのだ。
ジョー&段平の見る『あした』は、誰しもが感じたいと願うもので、現代へのメッセージとしても、良かったと思います。

求めるのは、勝利でも名誉でもない。純粋に、燃え上がる美しき瞬間を描く物語だから、これで完結するのがいいと思います。ストーリーを追う続編は、絶対に作って欲しくないですね。

あしたのジョー 2011年【日】131分(パンフ600円)
監督:曽利文彦 脚本:篠崎絵里子
原作:ちばてつや あしたのジョー(1) (講談社漫画文庫)
出演:山下智久(矢吹丈)、伊勢谷友介(力石徹)、香川照之(丹下段平)、香里奈(白木葉子)、勝矢(マンモス西)
★★★★☆(4.0)
※宇多田ヒカルの主題歌は、全然、合わなかった。

あしたのジョー丹下段平
スポンサーサイト