FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
ぼくのエリ 200歳の少女
2011年02月26日 (土) | 編集 |
静まりかえった北欧の夜。

ぼくのエリ200歳の少女01

音なき音が、孤独な心に響いてくるといった感じだろうか。

ぼくのエリ200歳の少女03

ヴァンパイアの恐怖や哀しみと同時に、孤独な少年の切なくも美しい初恋を繊細に描ききり世界中で絶賛の嵐が巻き起こったスウェーデン発ヴァンパイア・ムービー。ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー『モールス』を原作者自らの脚色で映画化。主演はカーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション。監督は、本国スウェーデンでテレビを中心に活躍してきたトーマス・アルフレッドソン。

ストックホルム郊外の小さな町。
12歳の少年オスカーは、夜、ひとり、ナイフを木に突き立てる。
孤独な少年の血への衝動が、招きよせたようにエリが現れる。
いじめっ子を、棒で叩いたあとの、少年の恍惚とした表情が恐い。

ヴァンパイアは、ひとりでは生きれない。
人間世界で生きていくために、庇護者を必要としており、
エリは、その人間に、受け入れて、もらわなければならない。
残酷なシーンを交えながら、
静かに、静かに、
生きることの過酷さを感じさせる、切ないお話ですね。

静寂の中でのプールのシーンが秀逸。
悲鳴すら聞こえてこない。二人の間に、雑音は存在しないのだ。

ぼくのエリ 200歳の少女 2008年【スウェーデン】115分
LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN
監督:トーマス・アルフレッドソン 脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト『モールス』 
MORSE〈上〉 MORSE〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)
出演:カーレ・ヘーデブラント(オスカー)、リーナ・レアンデション(エリ)
★★★★★
ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
ぼくのエリ200歳の少女02
スポンサーサイト