観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かわいい人喰い鮫、現る! キューピー×『赤い珊瑚礁』のサメピー。
2011年08月21日 (日) | 編集 |
赤い珊瑚礁 オープン・ウォーターのサメピー

ホオジロザメが、うようよするグレートバリアリーフの海で、
なんと、ヨットが転覆。5人の若者男女が、
サメ地獄の恐怖にさらされるという映画『赤い珊瑚礁 オープンウォーター』。
監督は「ブラックウォーター」を撮っている方で、
ワニの次は、サメときたもんだ!
公開劇場は少ないですが、この映画の前売りに『サメピー』がついてます。

東京方面では、8月13日(土)から公開されていますが、
他の地域は、これから順次公開です。
公式サイト→http://akaisangosho.com/
リアル恐怖系の「オープンウォーター」や「フローズン」の派手版といった感じでしょうね。「ブラックウォーター」も、登場する姉妹の心情の変化は、うまく描かれていたと思います。ほどほどに期待できる映画じゃないでしょうか。
スポンサーサイト

2011年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展へ
2011年08月20日 (土) | 編集 |
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展へ行ってきました。

2011イタリア・ボローニャ国際絵本原画展04
■2011年8月20日(土)~9月25日(日) 西宮市大谷記念美術館
◎特集展示「関西ゆかりの作家9人展」
◎特別展示「かぐや姫」フィリップ・ジョルダーノ(イタリア)


2011イタリア・ボローニャ国際絵本原画展01
入口を飾ってたのが、たかいよしかずさん(日本)の、くろくまの作品。

2011イタリア・ボローニャ国際絵本原画展02
入って、受付前は、槙下晶さん(日本)の、ネコの作品。

今年は、多彩な印象でしたね。
さまざまな表現による作品が選ばれていて、
観てて、すごく面白かった。

2010年に、ボローニャ・ブックフェアとスペインのSM財団によって<ボローニャSM出版賞>が創設されたそうです。これは、35歳以下のボローニャ展入選者を対象に、賞金と絵本の出版が約束されるものです。今回、受賞したのが、フィリップ・ジョルダーノさんで、日本の「かぐや姫」をモチーフにした絵本が出版され、その原画が展示されていました。

2011イタリア・ボローニャ国際絵本原画展03
雰囲気は「千と千尋の神隠し」みたいでしたけど、作家さん本人も、宮崎駿ファンだそうです。このダイナミックな「かぐや姫」の原画は、かなり面白かったですよ。

※昨年の絵本原画展の感想→2010イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。