FC2ブログ
観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
悪魔を見た
2011年09月21日 (水) | 編集 |
怪物と闘う者は自らが怪物と化さぬよう心せよ。
お前が深淵を覗き込む時、深淵もまたお前を覗き込んでいるのだ。
(フリードリヒ・ニーチェ『善悪の彼岸』より)


悪魔を見た_Photo01

解説:血も涙もない凶行を繰り返す猟奇殺人鬼と、最愛の婚約者を殺された男の熾烈な攻防を描く復讐をテーマとしたサイコ・スリラー。韓国を代表するスター、イ・ビョンホンと、「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシクの火花を散らす顔合わせが見ものだ。

悪魔を見た_Poster

この壮絶なる物語は、郊外の夜道でこつ然と消失した女性が、バラバラ死体となって発見されたことから始まる。被害者の婚約者は、国家情報院の捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)。直前まで電話で話しておきながら、最愛の人を救えなかったスヒョンは、自分のふがいなさを責め、単独で、ギョンチョル(チェ・ミンシク)という殺人鬼に迫っていくことになる。

悪魔を見た_Photo04
悪魔を見た_Photo02

彼女は、助けて欲しいと懇願したはずだ。
死の恐怖を味わったはずだ。
ただでは殺さない、苦しめて苦しめた上に復讐を果たしてやる。
痛めつけては野に放ち、痛めつけては野に放ち、
追いつめ、彼女と同じ恐怖を与え、なぶり殺すつもりだったのだが。
恐怖や痛み、罪悪感、通常の人間が抱くであろう感情を、
相手ギョンチョルは、持ちあわせていなかった・・・。
これでは、殺せない ( ̄ロ ̄lll)

イ・ビョンホンは、ほとんどセリフなし。悪のギョンチョルと対照的に、感情を表に出さない。静と動のような対決は、復讐の先になにを見るのかということを、えぐり出してくる。

彼女の無念を代わりにはらす、というのはあると思うが、彼のやろうとしてる復讐は、煮えたぎる自分の憎しみや怒りを静めるためでもあるのだろう。憎しみの炎に、自らが焼かれないために、何度も何度も、憎しみを相手をぶつけるしかない。
殺したところで、その憎しみが消えるものではない。
スヒョンが殺したいのは、ギョンチョルでなく、己を蝕む憎悪でもあるのだ。
美しく撮られている夕暮れのラストシーンが、哀しい。


たんなる復讐劇にとどまらず、なかなか考えさせられるものがあった。韓国映画は、やっぱり、突き抜けてますね。他の国の映画では、描かないというところまで描いている。えげつなすぎる気もするが、インパクトの強いことは、確かで、世界中に韓国パワーを見せつけてやるみたいな気概を感じる。その点では、日本映画は情けない感じがしますね。

悪魔を見た I SAW THE DEVIL 2011年【韓国】144分
監督:キム・ジウン『箪笥』
出演:イ・ビョンホン(国家情報院捜査官スヒョン)、チェ・ミンシク(ギョンチョル)、オ・サナ(婚約者ジュヨン)、チョン・グクァン(チャン)、チョン・ホジン(オ課長)、キム・ユンソ(セヨン)、チェ・ムソン(テジュ)、キム・インソ(セジョン)
★★★★☆(4.0)
悪魔を見た イ・ビョンホン スペシャルBOX [DVD]
悪魔を見た_Photo03
スポンサーサイト