観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サイレント・ハウス
2013年08月27日 (火) | 編集 |
ウルグアイ映画「SHOT/ショット」のハリウッド・リメイク版。
監督は「オープン・ウォーター」のクリス・ケンティスとローラ・ラウ。主演は「マーサ、あるいはマーシー・メイ」「レッド・ライト」のエリザベス・オルセン。

サイレント・ハウス_photo2

あらすじ;売りに出す別荘のかたずけにやって来たサラと彼女の父親のジョン、叔父のピーター。階上からのもの音を見にいったジョンが何者かに襲撃される。誰もいないはずの部屋で、突然走るポラロイド写真のシャッター音と閃光。そしてそこには、見知らぬ少女がいた。サラは助けを求めに外へ出ようとするが、扉が開かず焦りを募らせる。暗がりの中、サラは何者かに追われ恐怖のどん底に陥る……。

セリフもほとんどなし。静まりかえった暗い家で起こる恐怖を、エリザベス・オルセンの一人芝居で、魅せきっていってます。オリジナルと同じく、ワンテイクにも挑戦しています。(厳密に言うと、途中、暗転するので、ワンテイクではないのだが)

ハリウッド・リメイク版は、主人公サラのうつろで、病気かな、という雰囲気を、より重要視して観せてます。それを、エリザベス・オルセンが、うまく演じてくれてて、観応えのある緊張感に仕上がってるとは思いました。ただ、やっぱりハリウッドだね。終盤を、わかりやすく説明的な内容にしてあって、そこは、つまらないですね。

不可解なまま、ワンテイクの本編終了。そのあと、ポラロイド写真が1枚1枚、ワンカットで映し出されていき、おぞましい過去の出来事が彷彿される。観客は、そこで起こった出来事を、こういうことだったのか、と想像して終わり、というオリジナルのアイデアの方が良いですね。

■新星!実力派 エリザベス・オルセン主演作
有名セレブオルセン姉妹の末妹のエリザベス・オルセン。2011年サンダンス映画祭出品『マーサ、あるいはマーシー・メイ』(日本2月公開)でスクリーンデビューすると、その演技が評判に。40以上の賞にノミネートされ、10以上を受賞、『レッド・ライト』(13)、ハリウッド・リメイク版『オールド・ボーイ』(14)のヒロインや渡辺謙の出演も決定しているハリウッド版『Godzilla』(14)にもキャスティングされ、着実にキャリアを築く、いま最も注目の女優!


SILENT HOUSE 2011年【米】 85分
監督:クリス・ケンティス 、 ローラ・ラウ 脚本:ローラ・ラウ
原作:グスタボ・ヘルナンドス
エリザベス・オルセン(サラ)、アダム・トレーズ(父ジョン)、エリック・シェーファー・スティーブンス(叔父ピーター)、ジュリア・テイラー(ソフィア)、ヘイリー・マーフィ(少女)
サイレント・ハウス_poster
サイレント・ハウス [DVD]
★★★☆☆(3.0)
スポンサーサイト

シャドー・ダンサー
2013年08月25日 (日) | 編集 |
シャドー・ダンサーは誰なのか?

シャドー・ダンサーPhoto1
幼き頃からの苦悩を抱える彼女の心と相反するような真っ赤なコートが映える。

解説:「マン・オン・ワイヤー」でアカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞したジェームズ・マーシュ監督が、愛する息子を守るため密告者として生きる道を選んだ女性の姿を描くスパイサスペンス。原作はイギリスのジャーナリストで小説家のトム・ブラッドビーによる「哀しみの密告者」。

なんだかわかりにくいタイトルなので、観る方は少なそうだ。
TSUTYA独占レンタルだし。
だが、観終わったあと、このタイトルが、余韻を残す静かで渋い作品でした。
もう犠牲は出したくなかったのに。
コレットの心の奥で踊る哀しきシャドー・ダンサーの姿が思わされた。

あらすじ:1993年の北アイルランド。ひとり息子のマークを育てるシングルマザーのコレットは、幼い頃に弟を死なせてしまったある事件がきっかけとなり、 IRA(アイルランド共和軍)のメンバーとして活動していた。ある時、ロンドンの爆破未遂事件の容疑者として逮捕されたコレットは、MI5(イギリス情報局保安部)の捜査官マックから、このまま25年間投獄されるか、IRAの動向を探るスパイとして働くかの選択を迫られ、やむなくスパイとして生きることに。一方、MI5の組織内に怪しい動きを感じたマックは、「シャドー・ダンサー」というコードネームで呼ばれる、もうひとりの密告者の存在を突き止めるが……。

Shadow Dancer 2011年【アイルランド・イギリス合作】101分
監督:ジェームズ・マーシュ
原作:トム・ブラッドビー/脚本:トム・ブラッドビー
出演:アンドレア・ライズボロー(コレット・マクビー) 、クライブ・オーウェン(マック)、ジリアン・アンダーソン(ケイト・フレッチャー)
シャドー・ダンサー [DVD]
シャドー・ダンサーPoster
★★★☆☆(3.5)

◎関連作品「マン・オン・ワイヤー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。