観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロスト・メモリー
2013年11月03日 (日) | 編集 |
あの森で起きたことを、私は覚えている・・・

ロスト・メモリー_Photo1

解説:地元病院で医師として働くハンナのもと に、幼い頃親友だったクラリッサが患者としてやってくる。それをきっかけに2人は旧交を温め、子ども時代に互いの両親とバカンスへ出かけた小さな島を訪れることに。しかし、島には不気味な雰囲気が漂い、住民のマリアは失踪して行方がわからなくなっていた。2人は子どものころに一緒に遊んだはずのマリアの存在をすっかり忘れ去っていたことをいぶかしく思い、過去を探り始めるが……。

幼い頃の失われた記憶がよみがえるにつれて、恐ろしい真実が明らかになる様子を描いたドイツ製サスペンススリラー。

夏のバカンスに来ている主人公ハンナにとって、マリアは、記憶にさえ残らない、ただの田舎の子にすぎなかったんでしょうね。しかし、島という狭い世界に住むマリアにとっては、そうではなかった。親友だと約束したハンナにむごいことをされ、人生をめちゃくちゃにされてしまった。自分のことを覚えてない上に、ハンナは「後悔してる」と言うだけで、謝ろうともしない。
こりゃ、腹立ちますよね。自分と同じ苦しみを味わってもらわないと気がすまないかもしれません。
ハンナが、自分のことをずっと気に病んでくれていたというのなら、マリアの気持ちも和らいだかもしれませんね。憎しみをはらすことが目的になってしまったマリアの人生が悲しいです。

ドイツ製の救いのない恐い物語でした。
亡くなったという少女の亡霊ホラーのような不気味さを漂わせながら進んでいくお話で、暗い映像の雰囲気が、なかなか良かったです。

ロスト・メモリー Du hast es versprochen 2012年【独】102分
監督・脚本:アレックス・シュミット
出演:ミナ・タンデル、ラウラ・デ・ベーア、カタリナ・タルバッハ
ロスト・メモリー_Poster
ロスト・メモリー [DVD]
★★★☆☆(3.5)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。