観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NEXT-ネクスト-
2008年11月04日 (火) | 編集 |
ネクスト

ラスベガスでマジシャンをしているクリス(ニコラス・ケイジ)は、2分先の未来を予知する能力を隠し持っていた。その能力に気づいたFBIのカリー(ジュリアン・ムーア)は核テロ対策にクリスを利用しようとたくらむ。

2分間先の未来が見える男。
はて、わずかな先の未来をどう活かしたらいいんだろう。
あっ、それを考えているうちに2分、経ってしまいそう。

この映画は、2分先の未来をどう活かすのか、のアイデアが勝負と思います。
その点では、期待どうり、かなりスリリングに見せてくれている。
女性に声をかけるシュレーションに使ったり、
カジノ警備員の動く先を見て、うまく逃げまわったり、
敵スナイパーの弾丸をもよけることも、やってのけます。

今、映ってる映像が、2分先の未来イメージで、実は現実じゃなかった、という具合に画面でも騙してくるので、なかなか面白い。2分先の未来、さらに2分先と分身の術のように別れてシュミレーションしていく映像も、なるほどなぁ~と思った。

最後、えーっ、と驚く展開ですけど、うらぶれたマジシャンを主人公にして、うまく作ってあるんじゃないかな。ニコラス・ケイジって、うさんくさそうな感じのイメージだし。いいかげんな最後も、まあ、ええかと思えるような気もする。


『NEXT-ネクスト-』 Next 2007年【米】
SF
監督:リー・タマホリ
出演:ニコラス・ケイジ(クリス・ジョンソン)
   ジュリアン・ムーア(カリー・フェリス)
   ジェシカ・ビール(リズ・クーパー)
私の感想:★★★☆☆ 
原作:フィリップ・K・ディック 
   ゴールデン・マン (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集)

◎関連記事 原作フィリップ・K・ディックの映画
クローン 
スキャナー・ダークリー
NEXT-ネクスト-
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。