観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幻影師アイゼンハイム
2008年11月10日 (月) | 編集 |
幻影師アイゼンハイム1

(今回は、ネタバレ的にお話します。)

あざやかでしたな。

魔術で美女が胴切りでまっぷたつというのがありますよね。
でも誰も死んだなんて思っちゃいない。
おそらく、この映画を観てる方の多くは、途中で匂わせてる場面から、
最後はこうなるんだろうなを予想しながら観てるんじゃないかなと思う。
私もそう。予定どおりのカードを、もろに引かされたみたいだ。
そもそも、
マジックに種があるのは承知で観てるわけで、
それを、いかに、楽しませ、驚かしてくれるかのへの期待があるのだ。

それにしても、こんな大掛かりな仕掛けだとは思いませんでした。
すべてが幻影。すべてが幻影師の手の内。
彼の手にかかれば、人まで小道具の一種だ。
どこからマジックに、はいってたかも、わからない。

ここまで、すごいイリュージョンをみせられると、
拍手するしかないって感じですね。

『幻影師アイゼンハイム』 The Illusionist 2006年【米・チェコ】
サスペンス
監督脚本:ニール・バーガー
出演:エドワード・ノートン(男優)幻影師アイゼンハイム
   ポール・ジアマッティ(男優)警部ウール
   ジェシカ・ビール(女優)公爵令嬢ソフィー
★★★★☆ ブラボー。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
こんにちは
kinoさん、こんにちは!

確かに最終着地はああなるというのは予想できましたよね。
ミステリーとしてみるとややそのトリックが乱暴な感じをうけたのですが、こちらは確かにマジックとして観るほうがいいのかもしれませんね。
途中の種などは気にせずに。
ミステリー好きでしたので、どうしてもそういう視点で観てしまったんですよね。
2009/01/12(月) 15:23:21 | URL | はらやん #-[ 編集]
>はらやんさん。こんばんは。
ミステリーファンのはらやん様の記事、なるほどと、面白く拝見させていただきました。私は、映画作品そのものをマジックショーにしてしまったアイデア的な面で感心しました。現代劇だと、うさんくさいのかもしせんが、ノスタルジックな雰囲気で、美しく撮られてるので、何が起こってもあまり不思議じゃないですよね。
だまされちゃいましたね、ということで、ブラボーと拍手します。
それにしても、人の心理まで読んでのマジックだとすると、すごすぎますね。
2009/01/12(月) 23:16:05 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
昨年公開されたエドワート・ノートン主演の作品。 舞台となっているのは19世紀末の
2009/01/12(月) 15:05:19 | はらやんの映画徒然草
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。