観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地獄の変異
2009年01月24日 (土) | 編集 |
地獄の変異 [DVD]地獄の変異 [DVD]

商品詳細を見る
ルーマニアのカルパティア山脈奥深く,永きにわたり封印された巨大洞窟が発見される。調査のため科学者とダイバーによる混成チームが結成された。

なんと思いきった予告編!
この映画の原題は The Cave 。「ディセント The Descent」と同時期に公開されたので、同じ洞窟系として比較されるらしい。YouTubeにある「地獄の変異」の予告編を見てビックリ。これには、やられた。

見ていただければわかるんですが、ものすごく、うさんくさい。
川口浩パロディ風なんだけど、この予告編を作ってしまうのがすごいですね。
ナレーションは「TVチャンピオン」「川口浩探検隊」の田中信夫さんです。


しかし、本編は違うぞ!
予告編を観ると、ものすごいチープな作品かと思うんだけど、
本編は、予告編とは、うってかわって、たいへんまじめに作ってある。
地底湖に進入していくダイビングシーンやロッククライミングシーン、
洞窟内の撮影は、たいへん美しい。
ただ、問題なのは、画面と画面のつなぎ方が悪いので、
恐怖感がまったく盛り上がらず、たいへん淡白なのだ。
得体の知れないものが徐々に迫ってくるのに、ちっとも恐い感じがしないし、
人が殺されても、すぐ次のシーンへ移っていっちゃう。
何が起こってるのか、わかりにくかったです。

この映画は、ホラーというより、地底に眠る未知の世界を探検するアドベンチャーとして作ってあるのかなという気がします。無惨に殺されていくシーンはない。生物の進化とか組み入れて高尚な雰囲気ですけど、ワクワク感のないのが、困るところですね。

『地獄の変異』The Cave 2006年【米・独】
ホラー
監督:ブルース・ハント
出演:コール・ハウザー(ジャック)/エディ・シブリアン(タイラー)/モリス・チェスナット(トップ)/レナ・ヘディ(キャスリン)/パイパー・ペラーボ(チャーリー)
私の感想:★★★☆☆

◎関連記事 洞窟探検映画
ディセント The Descent(2005)
地獄の変異 The Cave(2006)
ザ・ケイヴ WIthIN(2005)
関連記事


コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
この予告編が非常に良く出来てましたよね~(笑)
わたしはむしろ、この予告編に
トンでもなく惹かれてしまいました

なにこれ、昭和時代の少年雑誌??@@; な感じで…

実はそのチープ部分を期待していたので
(超地底人とかみたかった…笑)
そのぶんがっかりしてしまったのですが
洞窟パニックとしてはそこそこみれる作品でしたよね!
…いちおう兄弟もの、なのかな。
女の子が直接絡まないちょっと珍しい設定だった気がします
2009/11/14(土) 23:22:19 | URL | maki #jQTfdwCM[ 編集]
予告は、いいですね!
コメントありがとうございます。
うん、いかにも探検という予告編の方がワクワクします。

洞窟探検として、地底生物に遭遇するまじめな映画でしたよね。
クール系で、ハラハラ感がないのが、もうひとつかなと思うけど、
充分なレベルの作品で、なかなか好きですよ。
ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズの
レナ・ヘディが主役でしたね。
2009/11/15(日) 00:39:00 | URL | kino #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。