観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その木戸を通って
2009年04月18日 (土) | 編集 |
その木戸を通って ポスター

城勤めの武士と記憶喪失の娘のかけがえのない日々を描いた、山本周五郎の短編小説が原作。市川崑が1993年にハイビジョン試験放送のためのドラマとして制作。その後35ミリフィルムに変換され、ヴェネチア国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭で上映されていたが、2008年にようやく劇場公開となった。

武士の普通の生活シーンを、でいねいに暖かく描いてるところがいいですね。
ある日、突然、身元も名前もわからない謎の女性が現れる。
一応、ふさと名付けるわけですが、
サスペンス的であり、ファンタジー的でもあります。
ハイビジョン撮影だったので、自然光を全てカットして撮影しているそうです。照明のみの撮影なので、影が深くなり、くっきりとした画面の映像になっています。その映像の良さが、不思議な雰囲気を、より醸し出していきますね。

その木戸を通って FUSA 1993年 上映時間: 92分
監督:市川崑 「犬神家の一族」
浅野ゆう子(ふさ)/中井貴一(平四郎)/フランキー堺(田原)/井川比佐志/岸田今日子/神山繁/石坂浩二/榎木孝明
原作:山本周五郎「その木戸を通って」〈おさん (新潮文庫)
★★★☆☆
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。