観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恋愛小説
2008年03月25日 (火) | 編集 |
恋愛小説

WOWOWで放送され、評判が良かったので、劇場公開された作品だそうです。
原作は“GO”で直木賞を受賞している金城一紀さん。

たった独りで豪邸に住み自らを“死神”と呼ぶその青年(聡史)は、
自分自身の過去を語り始めます。
彼は自分が親しくした人はみな死んでしまう、という。
だから、幼い頃から誰とも親しくならず、愛することもせずに生きてきた。

しかし、そんな聡史の前に
瑞樹という女性との出会いが、突然、訪れます・・・

そう
恋は突然なんです。
この出会いのシーンが素敵。
そして、
恋が動き出します。
止まっていたものが少しづつころがり始めるという感じかなー。
止まりそうになりながら、ゆったりゆったりと。
躊躇がこの動きを止めそうになるんだけど、
瑞樹の力で、聡の心は確実に動き始める。

玉木宏が細い役をうまく演じてるし、コニタンがすごくかわいいですね。
すごくきれいな映画ですよ。

『恋愛小説』 2004年【日】
ラブロマンス
監督:森淳一
出演:玉木宏/小西真奈美
私の感想:★★★★★ 切ない。
ちなみにヤフー映画評では(★★★★★4.52点)でした。

原作:金城一紀 対話篇 (新潮文庫 か 49-1)
『恋愛小説』『永遠の円環』『花』、3つの中編集。
『花』は2002年に大沢たかお主演で映画化されています。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。