観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


逆転法廷
2009年08月03日 (月) | 編集 |
陪審員は、今、テレビをご覧のあなた。そう、あなたなのです!
もし、テレビで裁判を行うことになったら・・・

逆転法廷img01
日本版パッケージは『ジョーズ』のロイ・シャイダーになってますね。

フロリダ州知事が、犯罪抑制のため、“市民の評決”というテレビ番組放送を決定。
これは、裁判を3時間の公開生中継でおこない、それを観た視聴者の電話投票で、評決を決めるというものです。その翌日、死刑執行も有料生中継されるという。
えっー、そんな、無茶な。( ̄□ ̄;)!!

有名女性のレイプ殺害事件を扱うもので、
ほとんど、弁護士さんショー。
検察側弁護士は、いかに被害者女性が良き人間で皆に愛されたか、いかに容疑者が非道か、悲しみや怒りの表情で訴えます。一方の被告側弁護士は、被害者女性の性癖を暴露し、この事件が事故による死亡であると訴えようとします。
証言者の顔が映るのも問題あるし、途中、重要証拠が突然、出てくるのも怪しすぎる。

この続きはCMの後で!
って、はいるけど、公的番組に特定スポンサーがついてるのもおかしいのよね。
裁判を3時間で終わらせようとするのもおかしいし。

実際に、こういうことが行われると、いかに作為的になっていくかを暴き出し、メディア問題を唱える作品です。ありきたりといえばありきたりで、面白くない部分もあります。“朝まで陪審員”とか“弁護の鉄人”とか、こんな番組が出来たら、どうなるんだろうと思いながら観てました。

逆転法廷 CITIZEN VERDICT 2003/アメリカ 劇場未公開
監督:フィリップ・マルチネス
アーマンド・アサンテ/ジェリー・スプリンガー/ロイ・シャイダー/ギデオン・エメリー/エイドリアン・ギャレイ/ラングレー・カークウッド/ブレンダン・ポレカット
★★★☆☆
逆転法廷 [DVD]
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。