観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インストーラー
2009年09月11日 (金) | 編集 |
ヨーロッパ系SF。
ハリウッドのような華やかさはなく、暗いタッチだぞー。
網膜に残った記憶を読み取れる時代の捜査とは、どんなものなんでしょうか?

INSTALLER_Poster.jpg

最新鋭医療技術によって、人間の記憶を眼から読み取る網膜スキャンが開発された未来――。パートナーを殺され、休職していたユーロボール(欧州警察機構)の刑事・ダヴィッドは、ある若い女性の死体を発見する。だが、その死体の網膜には一切の記憶が残っていなかった…。遺体には眼の上まぶたに3本、下まぶたに4本の傷跡があり、ダヴィットが取り逃がした凶悪犯ニコロフの犯行に間違い無かった。

記憶のない死体。
ダヴィッドは、上司より、新しい女性パートナーと組まされ、捜査を再開するのだが、
彼が、ものすごく寡黙な人で、ほとんど気持ちを語ってくれないので、
何の秘密を追っているのか、よくわからない。
新しい相棒も、うさんくさい女上司の指名した人なので、信用できないみたいだ。

並行して、
記憶のない院長の娘、も登場。
交通事故での顔の整形は成功したのだが、記憶がいっさいなくなってしまっている。
彼女は困惑していくが、母の院長と看護師さんは、何かを隠しているみたいだ。

この二つのストーリーで進んでいくんですが、
出てくる登場人物が、みんな怪しげ。
不可解な雰囲気をじっくり観せていくもので、かなり地味です。

記憶装置を扱ってるSFを、クールな雰囲気で観せていく映画ですね。
記憶という過去が人を形成しているものなのか、不安な未来を感じさせる。

インストーラー Chrysalis 2007年/フランス 90分
監督:ジュリアン・ルクレール
出演:アルベール・デュボンデル/マリー・ギラール/マルト・ケラー/メラニー・ティエリー/エステル・ルフェビュール/アラン・フィグラルツ
★★★☆☆ 地味~に謎を追い、地味~に終わっていった
インストーラー スペシャル・エディション [DVD]
関連記事


コメント
この記事へのコメント
こんにちは♪
トラコメ感謝です♪
主人公が不器用な男というより、寡黙すぎて一番謎に見えました
病院パート側とユーロポール側とが平行に進むため、
真実自体はわかりやすいものでした
格闘場面なんかはもう少しコンパクトにすっきりまとめた方が、どちらかといえばこの作品の雰囲気にあっていたかもしれませんね
病院でのあの少女はどうなったのかも気になります…
2009/09/13(日) 17:13:07 | URL | maki #jQTfdwCM[ 編集]
>maki さん、こんにちは!
ストーリーの謎は、あってないようなものなので、
主人公ダヴィッド。この人が一番の謎という映画なのかもしれませんね。
最後になっても、この人が何考えてるのかわからなかった。
>格闘場面
やたら格闘場面が多く、なんか変な感じはありましたね。
肉体の記憶という過去は、消去されていないというものを言いたいのかもわかりませんが、欧州の方は、こういうカンフー的なアクションが好きなのかなという気もします。
2009/09/14(月) 17:56:56 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
アルベール・デュボンデル
彼見たさで観たんですが、どうもねぇ~・・という役でしたよね(^_^;)
kinoさんが書いてらっしゃるように、なに考えてるのかよく分からない人物でしたし、今ひとつ魅力に欠けてる主人公だったなぁと。
彼に感情移入も出来なかったし・・。

そうそう、唐突に(と感じた(^^ゞ)始まる、あのカンフー格闘場面には、あらら・・・なぜに?と思っちゃいました。
どうしてもああいったシーンを入れたかったんでしょうね~?!(^^ゞ

未来ってすごい可能性があるんだろうなぁと漠然と思いましたが、こんな未来に住みたくないなとも思いました(^_^;)
2009/09/17(木) 09:16:27 | URL | メル #mQop/nM.[ 編集]
こんにちは♪
設定は面白いなと思いましたがなーんか普通に地味に終わってしまいました。
怪しげな雰囲気は良かったんですけどね。
2009/09/17(木) 12:58:10 | URL | yukarin #-[ 編集]
>メルさん、こんにちは!
>彼に感情移入も出来なかったし・・。
彼が、悪者なのかも、とも思いましたよ。
寡黙すぎて、何を考えてるのか、謎な人でしたね。

カンフーマニアな監督さんなのか、長く戦いすぎてて、
この未来画面に、似つかわしくないですよね。
格闘シーンは、すごく気になったです。
暗い未来を暗示するような、雰囲気重視の映画でしたね。
2009/09/18(金) 00:38:36 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
>yukarinさん、こんにちは!
記憶を消したり、入れたり、するのは、たいへんそうです~。
目が痛そう。
暗く進む雰囲気としては、なんかSF小説的で、悪くはないんですけどね。
なんか、終わっちゃったなぁという感じはしました。
2009/09/18(金) 00:46:19 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フランス製のSFサスペンス・アクション作品だったんですね。 眼から記憶を取り出す技術が発展した未来。冒頭の事故、整形…あのマノンは、タチアナの妹エレーナの体をつかって記憶を移植された患者なのでは、と早々に気付く。 「あれは肉体だけなの!」 では心はどこ...
2009/09/13(日) 17:02:49 | いやいやえん
いかにも近未来です、という映像だったなぁ
2009/09/17(木) 09:09:19 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク
原題:CHRYSALIS公開:2009/03/07製作国:フランス上映時間:90分監督:ジュリアン・ルクレルク出演:アルベール・デュポンテル、マリー・ギラール、マルト・ケラー、メラニー・ティエリー、エステル・ルフェビュール記憶の移植(インストール)。+あらすじ+記憶のデジタ?...
2009/09/17(木) 12:56:31 | 映画鑑賞★日記・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。