観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BRUTUS 12/1号 特集『泣ける映画』
2009年11月28日 (土) | 編集 |
BRUTUS 12/1号、特集が、泣ける映画、だったので、買ってみました。
表紙は、二宮和也の顔です。

今回は、映画関係者の方へ訊いたものだそうで、
総合1位は、『道』(54年イタリア)だそうです。
これは、観ていないので、わからないや。古い作品も多い。
読んで、自分が観たもの、気になったものを、ひろっていくと、

2位 グラン・トリノ  
   (おっ、きたー。沁みる映画でしたね。)
3位 東京物語/悲しみは空の彼方に
   (観てない。)
4位 素晴らしき哉、人生!/ニュー・シネマ・パラダイス  
   (ニュー~は、必ず出てきますね。)
5位 エレファント・マン/ひまわり/パリ、テキサス/奇跡の海
   (あの一面のひまわり畑が。)  
6位 二十四の瞳/フレンチ・カンカン/デッドゾーン/キッズ・リターン  
   (デッド~。キングの小説は面白いけど、映画って良かったかな?)
7位 残菊物語/めまい/砂の器/セントラル・ステーション
   (きましたー。砂の器、日本映画の名作。)
8位 ゴッドファーザーPART II/ロッキー/ディア・ハンター/死ぬまでにしたい10のこと
   (エイドリアン~!)


恋愛部門で、
1位 シュルブールの雨傘、が、きてた。
これは、最近、デジタルリマスター版を観て、すごい感激した作品。
街並がお洒落だし、泣けるし、うん、これは、すごく満足度が高かった。

泣ける映画も、何を基準にするかで、むずかしいですね。
胸がいっぱいになるような作品とすると、
エンタメ系でも、コメディ系でも、好きなシーンがあるだけでも、いいしね。

私なりに、泣ける映画を、思いついてみると、
『砂の器』  これは、泣く。
『シュルブールの雨傘』  オシャレで、カッコよかった。最近観たし。
『太陽がいっぱい』  題名と音楽が悲しい、サインを真似るとこがカッコいい。
『アンナとロッテ』  最初から泣いてしまったなというので、よく憶えてる。
『E.T.』  泣くというより感動ですけど、これは名作でしょう。
『ポセイドン・アドベンチャー』  熱きパニック巨編で、好き。
アニメ作品の『天空の城ラピュタ』や『銀河鉄道999』、短編『つみきのいえ』も、入れたい。『ウォーリー』の、最初のもくもくと働いてるところも (T_T) 泣けましたね。最近では『私の中のあなた』も、涙が、沸き上がってくるような作品だった。

BRUTUS (ブルータス) 2009年 12/1号 [雑誌]
関連記事


コメント
この記事へのコメント
kinoさん、こんにちは~!
こんなブルータスが出てたんですね~。面白そう。私も読んでみようっと。

私は「砂の器」かなぁ~。あのピアノの演奏をバックに、お父さんと少年が日本を放浪するシーンが・・・涙無くしては見れませんっ!!
で、「ET」これも私はかなり爆泣した映画で・・・。まさかここまで泣いてしまうとは思ってなかったんですが・・・一緒に行った友達2人に呆れられて、若干イヤ~な顔をされてしまいました(^^ゞ

ちなみに雑誌の一位は「道」なんですね・・・。すごい昔、中学生くらいの頃、お家でNHKか何かの放映で見て、やばいっ!!親と一緒に見てて涙を流すなんて許されん!と必死でこらえた映画です。「ローマの休日」も、やっぱり中学のころお家で見て、親と一緒なのにヤバイッ!!涙が~!と焦ったものでした。

PS 下のチョコレートファイター、私も見ました。ヒロインが凄くキュートで日本人受けしそうなルックスですよね。あのルックスで、このアクションって、ほんとに凄いです!!!是非彼女の次回作も見たいです。
2009/11/28(土) 16:39:48 | URL | latifa #SFo5/nok[ 編集]
>latifaさん、こんばんは!
ご訪問ありがとうございます。
あっ、このブルータス、買うのでしたら、
12/1が、次号、発売日ですから、それまでに。おはやめに。
>私は「砂の器」かなぁ~。
やっぱり、『砂の器』ですか。涙の映画で、パッと思いつきますよね。
音楽を聴いただけで、親子のシーンが、浮かんで、泣けるな。
サスペンス映画としても面白い!

『道』は、知らなかったんですけど、やばい!!ですか。
イタリア映画で、良さそうですよね。
それならば、今度、ネットレンタルか、ゲオ100円で借りてみます。
「E.T.」「ローマの休日」も名作ですよねー
何回も観れそうな映画が、心に残って、いいですよね。

チョコレートファイターは、本物のアクションで面白かったです。
日本人的な顔だったので、日本舞台の話になったみたいですね。
私も、次回作、見たいです。
2009/11/28(土) 23:31:36 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。