観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かいじゅうたちのいるところ
2010年01月16日 (土) | 編集 |
かいじゅうたちのいるところ2

世界中で愛されている絵本「かいじゅうたちのいるところ」を、実写化。原作者モーリス・センダックたっての希望により『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズがメガホンを取る。冒険の旅に出る少年には、子役のマックス・レコーズが抜擢された。

マックスのさまざまな感情のような、かいじゅうたちの島へ。王様として、みんなが幸せになるようにあくせくするけど、うまくいかない。かいじゅうたちは、マックスを王様だと、はじめから思ってなかったし、しょせん、そんなもんだよ、と突き放され、家に帰る物語。理不尽さを肌で感じるようなストーリーで、良かったと思う。

でも、これは、絵本の世界を本気で、作り上げようという気持ちが感じられないなぁ。大人の心の中にある島への旅という感じだ。豪華な声優陣、デザインされきった秘密基地、そぐわない音楽、逆光の美しい撮影と、感覚的に、すごく、きもち悪い。感傷の世界へ招かれてるみたいで、どうぞ、と言われても、これでは、入れないや。

低予算で、書き割りのジャングルセットの前で、かいじゅうダンスを踊る方が、よっぽど楽しいものになったんじゃないかな。子供の発想を刺激する仕掛けがないような感じ。子供が、体ごとぶつかる荒削りな感覚を持つ作品にして欲しかったですね。繊細な精神世界では違うような気がする。

パンフレットの写真を観てる方が、より、広がりを感じ、ぐっと、きますね。
これは、映像としては好きになれない、写真集にするべきもの、だと感じました。

かいじゅうたちのいるところ 2009年【米】101分
WHERE THE WILD THINGS ARE
監督・脚本: スパイク・ジョーンズ
出演:マックス・レコーズ(マックス)/キャサリン・キーナー(母)/
声:ジェームズ・ガンドルフィーニ(キャロル)/ローレン・アンブローズ(KW)/クリス・クーパー(ダグラス)/フォレスト・ウィテカー(アイラ)/キャサリン・オハラ(ジュディス)/ポール・ダノ(アレクサンダー)/マイケル・ベリー(ザ・ブル)
★★☆☆☆ これ、子供が観て、おもろいかな~、と心配して観てしまうわ
関連記事


コメント
この記事へのコメント
子供が飽きてたみたいです^^;
子供向けではない感じですよね。
意外に評価が分かれてるみたいですが、私は思ってたほど感動はしなかったのが残念でした。
写真集にするのは良いかもしれませんね。
2010/01/17(日) 21:40:51 | URL | yukarin #-[ 編集]
>yukarinさん、こんにちは!
>子供が飽きてたみたいです
子供さん向けみたいに宣伝されてるし、吹き替え版も上映されてるけど、
寝てしまうか、たいくつしてしまいそうですよね。
観てて、そういう心配をしてしまうので、
なぜ面白くないのか、こうしたら面白なるんだろうか、と
いろいろ考えながら、観てしましました。

止まってる写真の方が、かわいいいし、哀愁があっていいですよね。
写真集があったら、欲しいなぁと思います。
2010/01/18(月) 14:25:52 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
こんにちは~♪

原作絵本は、あまり意味の無いような(笑)他愛もないお話だと思うのですが、映画はその世界観を大切に温かな雰囲気があって良かったと思いました。
でも、子どもの世界を大人目線で描いているようなところを感じてしまい、ちょっと残念でした。子どもにはメッセージが伝わり難いし、面白味を感じないかもなぁ~とも思ったりして(汗)

先日紹介して頂いた『スマイルコレクター』を観ました。遅くなるかもですが記事も書こうと思っています。その時にkinoさんのお名前を記事に書かせて下さいね~♪

2010/01/18(月) 17:13:46 | URL | 由香 #-[ 編集]
>由香さん、こんにちは!
自分の心と対面していくようなお話ですね。かいじゅうたちが、かわいらしく、暖かな光を感じるような撮影は、美しかったと思います。

>大人目線で描いているようなところを感じてしまい
世界が出来上がりすぎなのかもしれないですね。
大人への共感を求めてるみたいで、作り方の方向が違うような気がしてしまいました。

>『スマイルコレクター』を観ました。
スマイルを観られましたか。ちょっと万人向けではない作品なので、由香さんが、面白く観てくれてたらいいんですが。どんな風に思ったのか、なんか気になるー。
また、拝見させていただきます、よろしくお願いします。
2010/01/19(火) 11:23:30 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
kinoさん♪
またまたお邪魔します~
実は、先程スマイル~の感想を書いていたのですが、書いている内に意識せずに辛口っぽい文章になっちゃって・・・
惹きこまれるサスペンスだったのですが、どうしてこうなっちゃう?(滝汗)感想は何度も手直しするのでアップはまだ先ですが、せっかくご紹介頂いたのに、御気分を害されたらゴメンナサイ~~~v-12
2010/01/19(火) 16:02:41 | URL | 由香 #-[ 編集]
>由香さん、こんばんは!
つっこみ要素は、多数ある作品だからなー
でも、由香さんは、サスペンスもの多く読まれてるので、
この作品は、楽しんでは、観れてると思います。

由香さんの記事、面白く書かれるので、
私にはかまわず、辛口の思い切った感想でお願いします~。

劇場未公開系DVDとしては、レベルは高いと思うし、
未読ですけど原作の雰囲気は、うまく出せてるんじゃないかと思いました。
原作は続編があるみたいなので、不明な部分は、
しだいに明かされるかもしれないですね。
2010/01/20(水) 01:55:57 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
こんばんわ~♪
そっか、ダメでしたか。。。^^;
子供向けではないですよね。
私もかいじゅう踊りとかがもっと楽しい映画なのかと
想像して見に行ったので、ちょっと意外でした。

でも、この映画自体は何だか好きだな(*^^*)

人生、楽しい事ばかりの場所なんてないよ、って言う
リアルな童話でしたね^^;
2010/01/20(水) 21:41:22 | URL | くう #-[ 編集]
>くうさん、こんばんは!
嫌な自分も感じるし、おかしなこともいっぱい、
いろいろ感じることは、あったんですけど、
どうも、この世界というか、作り方に、馴染めなかったです。
かいじゅうは、かわいいし、表情も豊かで、良かったんですけどね。

撮影は、やわらかい光で、かなり好きです。
美しく撮ってると思います。
写真を見て、勝手にセリフをつけて、想像していく方が、
楽しめるような気がしますね。
2010/01/21(木) 18:24:54 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
こんばんは☆彡
あれっ?kinoさん辛口(笑)
と言う私も、予告編ではウルッときたのに、本編では感動しませんでした(ーー;)
音楽そぐわなかったですか(^^;私は映像や音楽は良かったように感じたのですが、
言われてみれば綺麗すぎて、kinoさんの言う通りかも(^^;
確かにパンフの写真で観るほうが、物語の広がりも感じますしね(^_-)-☆
こども、ファミリー向きの作品のように宣伝されていましたが
こどもは飽きちゃいそうな気がしましたσ(^◇^;)
2010/01/23(土) 22:08:14 | URL | ひろちゃん #0FtB7ubA[ 編集]
>ひろちゃんさん、こんばんは!
>映像や音楽は良かったように感じたのですが、
映像、音楽は、良かったと思いますよ。子供向じゃないな、という意味です。

きれいな世界が出来すぎて、想像の余地を残してないような気がします。
これは、写真集の方が、感動できると思いましたよ。
子供さんも、飽きちゃうような作品だしね。原作が絵本なので、子供向けにがんばって作ったなーという、製作者の気持ちに、心動かされたいですね。
2010/01/25(月) 02:09:25 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
こんにちは
監督さんも「観ている人たち自身が9歳の子どもになれる映画なんだ」といっていたとおり、これはかつて9歳だった大人向けの作品ですね。
子供さんたちが飽きちゃうのは仕方ありませんね。
あのくらいの年のときの反抗といってはおかしいですが、複雑な感情が場面場面で色々と読み取れる妙に懐かしくも感じる作品でした。
ラストでキャロルが追ってきたときの微妙なCGでの表情が凄くよくて、そこで感動が一気に押し寄せてきた感じです。
2010/06/01(火) 15:49:10 | URL | maki #jQTfdwCM[ 編集]
>maki さん、こんにちは!
ぬいぐみはかわいいし、哀愁は感じる作品でした。
でも、
かつて、この本を読んだ時の思いを、
子供に向けてプレゼントしたいという気持ちが感じられないので、
そこが、すごく、ひっかかりますね。

あと、絵本を開いた時に、ストンと落ちる感覚、
これが、この作品には、なかったです。
原作は、直感的であり視覚的な面白さなんですけど、
そのキモがないように、僕は感じました。
2010/06/01(火) 22:36:15 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
母と姉と暮らすやんちゃなマックス(マックス・レコーズ)は、自分の気持ちを分かってくれない悔しさから、ママ(キャサリン・キーナー)と...
2010/01/17(日) 16:45:06 | 心のままに映画の風景
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ監督があの絵本を実写化{/ee_3/} と聞いてからずーっと楽しみしてた映画{/m_0139/} ロンドンから一時帰国して?...
2010/01/17(日) 17:00:22 | 我想一個人映画美的女人blog
原題:WHERE THE WILD THINGS ARE公開:2010/01/15製作国:アメリカ上映時間:101分監督:スパイク・ジョーンズ出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ、声の出演:ローレン・アンブローズ、クリス・クーパー、ジェームズ・ガンドルフィーニ、...
2010/01/17(日) 21:34:28 | 映画鑑賞★日記・・・
子どもたちが小さい頃に散々読むのをせがんだ絵本『かいじゅうたちのいるところ』 とっても短い絵本のお話を一体どういう風に膨らませているのか気になっていました~今年最初の劇場鑑賞です【story】いたずら好きなマックス(マックス・レコーズ)は、ママ(キャサリン?...
2010/01/18(月) 17:06:31 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
 アメリカ  アドベンチャー&ファミリー&ファンタジー  監督:スパイク・ジョーンズ  出演:マックス・レコーズ      キャサリン・キーナー      マーク・ラファロ      ローレン・アンブローズ 【物語】  いたずら好きなマックスはいつものよ...
2010/01/19(火) 14:34:45 | 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing
 WHERE THE WILD THINGS ARE  両親が離婚し、仕事に恋に忙しい母親に育てられ、年の離れた姉にも相手にし てもらえない孤独な少年マックス...
2010/01/20(水) 10:24:47 | 真紅のthinkingdays
童心にかえって見守ろう!  
2010/01/20(水) 11:05:24 | Akira's VOICE
  □作品オフィシャルサイト 「かいじゅうたちのいるところ」□監督・脚本 スパイク・ジョーンズ □原作 モーリス・センダック □脚本 デイヴ・エガーズ キャスト マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ、ローレン・アンブローズ、クリ?...
2010/01/20(水) 12:36:05 | 京の昼寝~♪
かいじゅうたちのいるところ~WHERE THE WILD THINGS ARE~ 監督: スパイク・ジョーンズ    出演: マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー...
2010/01/20(水) 21:41:47 | 映画@見取り八段
モーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本をスパイク・ジョーンズが 映画化。ひょんなことから不思議な島へとたどり着いた少年が島で出会った かいじゅうたちと繰り広げる冒険を描いたファンタジー。8歳の少年マックスは、シングルマザーの母と姉と3人暮らし。姉は..
2010/01/20(水) 23:40:48 | だらだら無気力ブログ
WHERETHEWILDTHINGSARE見たことない世界、忘れてた気持ち上映時間101分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2010/01/15ジャンルアドベンチャー/ファミリー/ファンタジー映倫G【解説】モーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本を「マルコヴィッチの...
2010/01/23(土) 22:09:30 | CinemaCollection
かいじゅうたちのいるところ’09:米 ◆原題:WHERE THE WILD THINGS ARE◆監督・脚本: スパイク・ジョーンズ「アダプテーション」「マルコヴィッチの穴」◆出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ◆声の出演:ローレン・アンブローズ、クリ...
2010/01/25(月) 00:37:26 | C'est joli~ここちいい毎日を~
 親が子どもを「ウチのかいじゅう」などと表現するのはよくあることだが、『かいじゅうたちのいるところ』は、王様気取りの大怪獣たる少年...
2010/01/25(月) 13:15:52 | 映画のブログ
「かいじゅうたちのいるところ」★★★☆ マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ主演 スパイク・ジョーンズ監督、101分 、 2010年1月15日公開、2009年、アメリカ (原題:WHERE THE WILD THINGS ARE)                   ...
2010/01/26(火) 07:34:41 | soramove
監督はスパイク・ジョーンズ 主演はマックス・レコーズ、 とても可愛い男の子です。 試写会で観てきました。 この物語の主人公は、 8歳の空想が好きな、 いたずら少年マックス。 日本語吹替え版では、 こども店長の加藤清史郎くんが、 演じるそうです。 清史郎君吹?...
2010/01/26(火) 11:09:50 | 花ごよみ
2010年13本目 新宿バルト9で観てきました 童話ってどこか怖い話が多いですよね この映画はそんな怖い童話の記憶を呼び覚ましてくれましたw もりだくさんが一番怖かったのはタイトル忘れてしまいましたが、確か「怒りん坊でみんなの嫌われ者の小人(?)に唯一?...
2010/02/04(木) 20:46:35 | ~映画盛り沢山~
 今回はかいじゅうたちのいるところを観てきました。  モーリス・センダック原作で、各国に翻訳されて世界で2,000万部を売り上げたという20世紀最高と言われる絵本の実写映画化だそうです。
2010/02/14(日) 14:21:11 | よしなしごと
これは佳作ですね。子供特有の気持ちがよく現れています。 もとは絵本で当然私も読んだことがあるけれど、あまり違和感は感じさせないつくりでした。予告ではいかにも着ぐるみでどうしようかと思いましたが、CGで表情をつくるのがうまく出来ていましたね。 なにがよかっ...
2010/06/01(火) 15:45:57 | いやいやえん
夏ですねぇ…実に暑い{/kaeru_fine/} ひとつ前の「アイアンマン2」の記事。 最後に「一旦、このあたりで」と締めているのは、その日にもう一回更新する予定だったからなのですが、流石は“計画は常に計画で終わる”当ブログの事。予定通りの更新は無理でした{/face_ase2...
2010/08/05(木) 23:12:58 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
監督 スパイク・ジョーンズ 主演 マックス・レコーズ 2009年 アメリカ/オーストラリア/ドイツ映画 101分 ファンタジー 採点★★★ 自分の子供の頃を思い出すまでもなく、男子ってのはちょっと目を離すとすぐ空想の世界に旅立っちゃいますよねぇ。うちの息子も、…
2011/06/27(月) 16:00:52 | Subterranean サブタレイニアン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。