観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


湖のほとりで
2010年01月26日 (火) | 編集 |
静かに、ミステリーを楽しみたい。

湖のほとりで_写真1

イタリア郊外の美しい風景に囲まれる小さな街。閑静な住宅が立ち並ぶ、一見、日本の街並と変わわらないような所だ。街から離れた小さな湖のほとりで、若い女性の全裸死体が発見される。まるで眠るように死んでいる遺体状況から、顔見知りの犯行ではないかと推理される。

尋問のような口調で、冷たく、端的に、聞き込み捜査を進めていく主演のサンツィオ刑事が、すごく、いいですね。やけに厳しい聞き込みだなと思って見始めた。人情デカみたいに、寄り添い感情を出していかないんですね。

それによって、ある一定の近づけない距離感を感じる。
この事件の関係者たちは、口には出せない家族の中で、抱えてるものがあり、それは、一緒に暮らしていない他人には、決して、わからないようなことなんです。聞き込みをするサンツィオ刑事自身も、奥さんの病気のことで悩み、娘との溝ができてしまってる。
人に言ったところで、何も解決しないものというのがある。登場人物の、一日、一日を過ごす中での、苦しみや葛藤を、想像させていきますね。
心の中にたたずむミステリーを、うまく映し出してると、思います。

これは、イタリアのアカデミー賞と称される「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、史上最多となる10部門受賞を成し遂げたそうです。賞のいきさつは、よくわからないけど、こういう大掛かりな賞が、似あわないなぁ~。小作品として、たいへん、よく出来てる。
村はずれにある美しい湖のように、ひっそりとした位置にあるような秀作ですね。
内容と情景が、合ってて、すごく雰囲気がよかった。
静かに進むだけに、最後に見せる奥さんの笑顔も効いてくる。

湖のほとりで LA RAGAZZA DEL LAGO 2007年【イタリア】95分
監督:アンドレア・モライヨーリ
原作:カリン・フォッスム『見知らぬ男の視線』
出演:トニ・セルヴィッロ(サンツィオ刑事)/アンナ・ボナイウート(サンツィオの妻)/アレッシア・ピオヴァン(被害者アンナ)/マルコ・バリアーニ(アンナの父ダヴィテ・ナダル)/オメロ・アントヌッティ(マリオの父)/ヴァレリア・ゴリノ(キアラ・カナーリ)/ファブリツィオ・ジフーニ(コッラード・カナーリ)/ネッロ・マーシャ(アルフレード刑事)
★★★★★
湖のほとりで [DVD]
湖のほとりで写真2
関連記事


コメント
この記事へのコメント
こちらにも~♪
この作品もうDVDになっているんですか!(*_*)
気になる映画に挙げておいたのですが、上映館は少ない
ですし、時間もなくて観に行けなかった作品です(^^ゞ
鑑賞前ですので、★の数だけ見させて頂きましたが
満点でしたので、ますます観たくなりました!
鑑賞しましたら(かなり先だと思いますが・笑)またお邪魔
させて頂きますね(^_-)-☆
2010/01/29(金) 01:20:02 | URL | ひろちゃん #0FtB7ubA[ 編集]
>ひろちゃんさん、こんにちは!
僕は、好みだったので、満点ですけど、これは、評判は、分れてますよ。
正統派ミステリーで、良いと思ったんですけどね。
エラリー・クイーンとか、アガサ・クリスティとか、古典ミステリーを読んだことがある人は、いける!と思うような気がしました。
2010/01/29(金) 10:19:23 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
kinoさん、こんにちは!
この作品、何故か評価が低い人がとても多かったんですよね。その理由はおそらく、『ニュー・シネマ・パラダイス』や『ライフ・イズ・ビューティフル』を超える!とか何とか、配給会社が大きく出てしまったせいだと思います。
そうでなければ、kinoさんのように、ちゃんとこの作品のよさがわかってくれた人も多かったのかもしれないのに・・・。
と、ちょっと残念に思います。
2010/01/30(土) 13:59:20 | URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]
>とらねこさん、こんにちは!
『ニュー・シネマ・パラダイス』って、しょっちゅう、引き合いに出されてますね。
配給会社さんも、映画の紹介のしかたを、変えていかないとだめな時代になってきてるような気がします。

刑事さんの質問内容は、プライベートまで平気で踏み込んでるんですけど、垣根は越えないんですよね。聞き込みの間合いみたいなものが、優しさでもあるし、刑事さん本人の苦しみでもあるようで、渋かったですね。
見てる緊張感として、かなりレベルの高い作品に感じました。
2010/01/31(日) 14:48:56 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
こんばんは
わたしもこれ満点ですね。
いや,タイミングの問題で記事は書いてませんが
そしてこれって,賛否両論な作品だろうなって思いますが・・・
ミステリーの謎解きを期待されると評価は低くなるでしょうね。
だってこれはサスペンスではなく
人間ドラマのお話だから。

わたしは特別支援教育が専門でもあるので
この作品の隠れたテーマと言うか
事件の発端になった家庭の事情も理解はできました。そして
とても切なくなりました。
主役の刑事さん,よかったですね・・・
イタリア映画というよりはフランス映画のような味わいのある作品でした。
2010/02/06(土) 01:02:15 | URL | なな #-[ 編集]
>ななさん、こんばんは!
おー、ななさんもお気に入りですか。
これは、宣伝の仕方のせいか、評判よくないですね。
手がかり映像を隠してあるとか、時系列が入れ替わってるとか、そういう手法も最近、多いせいか、かえって正統派聞き込みスタイルが、斬新には感じました。

>人間ドラマのお話だから。
そう、一見、静かな湖のように見える家族なんですけど、
その奥底にあるものは、違うんですよね。
刑事さんとの会話だけで、想像していく日常風景が、悲しく、切ないです。
それを、聞き出していく刑事さんのつらさも、ひしひしと伝わるねんなぁ。
2010/02/06(土) 22:04:25 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
監督:アンドレア・モライヨーリ 出演:トニ・セルヴィッロ、ヴァレリア・ゴリーノ、オメロ・アントヌッティ 真実は深く、   そして美しく     眠っている 「イタリアの小さな村にある湖のほとりで美しいアンナなの死体が見つかった。 殺人事件として捜
2010/01/27(水) 10:32:58 | 日々のつぶやき
'07年、イタリア原題:La Ragazza Del Lago監督・原案:アンドレア・モライヨーリ製作:ニコラ・ジュリアーノ、フランチェスカ・チーマ原作:カリン・フォッスム 『見知らぬ男の視線』原案・脚本:サンドロ・ペトラーリア撮影:ラミロ・チビタ音楽:テオ・テアルド美術:...
2010/01/30(土) 13:52:21 | レザボアCATs
動かない湖面の下では水面上に現れないさざなみが起こっているのかもしれない。それは、人間関係でも同じこと。 イタリア郊外の小さな湖のほとりで、若い女性アンナの全裸死体が発見される。新しく赴任してきた老刑事サンツィオは関係者への聞き込みを開始するのだが…。...
2010/11/14(日) 20:52:22 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。