観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青髭
2010年02月09日 (火) | 編集 |
その小部屋にだけは、決して入ってはいけない

世界中で絵本化・戯曲化もされているペロー童話「青髭」を、
耽美描写の名手カトリーヌ・ブレイヤが独自の解釈で映像化。

青髭1

まず、ペロー童話を、ご紹介。
ものがたり:ある金持ちの男は、青い髭を生やしたその風貌から「青髭」と呼ばれ、恐れられていました。青髭はある美人姉妹に求婚し、その妹と結婚することになりました。あるとき青髭は、新妻に鍵束を渡し「どこにでも入っていいが、この鍵束の中で“小部屋”にだけは絶対に入ってはいけない」と言いつけて外出してゆきます。しかし、新妻は好奇心から夫の言いつけを守らず、入ってはいけない小部屋の扉を開いてしまうのでした……


青髭2

今回、映画化されたものは、ある二人の姉妹が、物置部屋に、こっそりと忍び込み、そこで読む本が「青髭」ということになってました。おしゃま妹が、いやがる姉に読んで聞かせるというのが変わってて、この姉妹のイメージが、読む「青髭」の中に反映されていきます。

なかなか、最初から面白い。私立学校で寄宿生活を送っていた姉妹が、突然、院長先生に呼び出されます。父親の死を告げられるとともに、お金のない子には用はないとばかりに、即刻、追い出されます。残されたのは借金だけ。家から、家財道具も、全部、借金取りに持っていかれてしまいます。生活に困った母娘のもとに、青髭からの招待がくるというわけです。

急展開で始まり、そのあとも童話を読むように、トントンとテンポ良く進むのが、気持ちいいですね。じっくり描写されたりしないので、その分、自分で、行間の話を膨らまし、話の世界に、入っていくという感覚があります。
古い古城で、地味~にロケされてて、初めて、妹がお城に入る時、塔に上がる暗いらせん階段を上がっていくのが、奇妙な感じですね。使用人はどこにいるの、青髭ってほんとに裕福なの、リアル感のなさが不思議で、それがかえって味がありましたね。

青髭は、富はあるけど、みんなから嫌われている孤独な人。夢想家のような、打算的なような、つかみどころのない奥さんになった妹。彼女を、冷たく見守りつつ、好きにさせてあげてるという感じでしたね。本を読む姉妹に異変が起こるのとダブり、青髭の物語も、最後を迎えます。
妹は、お城も手にいれたんだけど、今度、自分が青髭という孤独な存在になってしまった、というブラックな世界かなと感じました。

青髭 LA BARBE BLEUE 2009年【仏】80分劇場未公開
監督・脚本:カトリーヌ・ブレイヤ
原作:シャルル・ペロー『青ひげ』
出演:ドミニク・トーマス/ローラ・クレトン/ダフネ・ベヴィール
★★★☆☆(3.5)
青髭 [DVD]
青髭3
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
有名なシャルル・ペローの「青髭」を、監督さんの独自解釈で映像化した作品。 「青髭」といえば、青髭と呼ばれて恐れられている男のもとに嫁いだ女性が、この部屋にだけは入ってはいけないといわれた部屋に好奇心から入ると、そこには行方不明になっていた前妻たちの死体...
2010/02/09(火) 19:34:19 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。