観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


機械じかけの小児病棟
2010年02月24日 (水) | 編集 |
“死んだところとも限らないし
住んでいたところでもない
もっと単純なのよ
彼らは愛する者の近くにいるの・・・ そこに棲む そこだけに”


Kikaijikake_no_P.jpg

主人公看護師が、難病を抱えた孤児との愛で結ばれるダークサスペンス。「子供」「救い」を題材に、怪現象の謎が解き明かされてくる物語が、しっかり組み立てられている。監督さんは『REC/レック』のジャウマ・バラゲロで、なかなかの良作です。

イギリスのワイト島。老朽化のため閉鎖目前のマーシー・フォールズ小児病院。ある時、突然辞めてしまった看護師の後任として臨時で雇われた看護師エイミーが島へやって来る。到着早々、病院の子どもたちが一様に神経質で何かにおびえた様子なのを訝しく感じるエイミー。そんな中、彼女は難病の少女マギーから、シャーロットという霊の存在を打ち明けられる。不安を抱える少女の妄想か作り話と思っていたエイミーだったが、やがて彼女は数々の不可解な現象に遭遇するのだった…。

舞台が、100年近い歴史を持つ病院というだけで、かなり恐い。
病院というのは、様々な人間の感情、生と死を見つめてきてる場所なのだ。

列車事故のため、転移先の病院のベッドが塞がり、難病の子供たちだけが、とり残されてしまっている。人の気配がない病院のうえ、3階建の最上階は、事情により、閉鎖されているという。恐っ。ここに、夜勤として雇われるのが、主人公看護師エイミーで、こんなとこで、働こうとする人って、よっぽど変わり者か、事情がありそうな人だろうと、うかがえる。

Kikaijikake_no_ga1.jpg
過去の出来事に悩まされていたエイミーは、変わった少女マギーと仲良くなる。

Kikaijikake_no_ga2.jpg
子供たちを守りたい、という強い気持ちが、彼女自身を救っていくことになる。
シャーロットという霊のしわざなのか?最後のどんでん返しが、待ち受けています。

感動的な話で良く出来てるんですけど、正体が明らかになった時、はっきりと見えてしまうのが残念。変な顔なんだけど……。あまり見せずに、想像が膨らむような形にした方が恐かったかと思います。

機械じかけの小児病棟 Fragile 2005年【スペイン】102分
監督:ジャウマ・バラゲロ 脚本:ジャウマ・バラゲロ/ホルディ・ガルセラン
出演:キャリスタ・フロックハート(エイミー)/ヤスミン・マーフィー(マギー)/エレナ・アナヤ(ヘレン)/リチャード・ロクスバーグ(ロバート)/ジェマ・ジョーンズ(フォルダー)
★★★☆☆(3.5)
機械じかけの小児病棟 [DVD]
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
夜間の小児病棟が舞台のオーソドックスなホラーなのですが、思っていたよりもかなりこれ面白かったのでびっくり。そう特別な演出はないのだけれど、良作というところではないでしょうか。 スペイン製作の英国が舞台、通常のハリウッドものよりもどことなく湿り気のある暗...
2010/02/28(日) 15:54:16 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。