観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カティンの森/KATYN
2010年05月16日 (日) | 編集 |
“思うだけでは何の意味もない”

カティンの森イメージ

本作は、自らの父親もこの事件の犠牲者の1人であるポーランドのアンジェイ・ワイダ監督が、歴史的犯罪に光を当てるとともに、国家の欺瞞に翻弄される犠牲者家族の苦悩を描き出す。
1939年9月17日、ドイツ軍に西から追われる人々と、ソ連軍に東から追われた人々が、ポーランド東部ブク川の橋の上で出くわす象徴的なシーンより始まります。

第二次大戦下、ナチス・ドイツとソ連の両方から侵略され、両国に分割占領されたポーランド。そんな中、ソ連の捕虜となったポーランド人将校のうち1万数千名の行方が不明となり、後にソ連によって虐殺されていたことが判明する。1940年春に起こった「カティンの森」事件と呼ばれる虐殺は、ソ連の支配下にあった冷戦時代のポーランドにおいて語ることの許されないものであった。

次々と登場人物が出てくるので、途中、とまどったんですが、翻弄され続けてきた当事者には、なにもわかるわけがない。そういうものであろうと、わかってくる。これは、事件を中立的に伝えたいわけでなく、生々しい声、叫びたくても叫べなかった魂を描いている作品なのだ。

登場人物の一人、アグニェシュカは、殺された兄のため、
1940年にカティンで悲劇的な死を遂げた、という一文を墓碑に刻む。
彼女は捕らえられても、意志を曲げることはない。

映し出される、無惨に叩き割られた墓碑。
意味なく殺された上に、なおも侮辱され続ける。
このシーンだけでも、
製作者や苦渋をしいられてきた人のくやしさ、怒りが伝わってきます。

堪え難き屈辱に、耐え忍んできた遺族や人々の気持ちが、ぶつけられている。

カティンの森 KATYN 2007年【ポーランド】122分
監督・脚本:アンジェイ・ワイダ
原作:アンジェイ・ムラルチク カティンの森 (集英社文庫)
出演:マヤ・オスタシャースカ/アルトゥール・ジミエウスキー/マヤ・コモロフスカ/ヴワディスワフ・コヴァルスキ/アンジェイ・ヒラ/ダヌタ・ステンカ/ヤン・エングレルト/アグニェシュカ・グリンスカ/マグダレナ・チェレツカ/パヴェウ・マワシンスキ/アグニェシュカ・カヴョルスカ/アントニ・パヴリツキ/クリスティナ・ザフファトヴィチ
★★★★★
カティンの森 [DVD]
カティンの森ポスター
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
またひとつ歴史を知りました公式サイト http://www.katyn-movie.com12月5日公開2008年アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品原作はアンジェイ・ムラルチクの著作「カティンの森
2010/05/29(土) 06:54:14 | 風に吹かれて
「灰とダイヤモンド」「地下水道」などの作品で知られるポーランドの巨匠、アンジェイ・ワイダ(1926年~)がメガホンを執った戦争ヒューマン・ドラマ「カティンの森」(2007年。ポーランド、122分、R-15指定)。この映画は第二次大戦中、ポーランドで、1...
2010/07/11(日) 10:01:56 | シネマ・ワンダーランド
122分にわたって、巨匠アンジェイ・ワイダ(84才)が監督としての最後の戦い?を挑んだ力作。 (実際には新作Sweet Rushが待機中、たいしたものだ!) 演出は極めてスムース。 自然、街などの風景が美しい中、個々の登場人物たちも、それぞれとても魅力的。 が、内容が...
2010/07/11(日) 15:25:38 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
第二次世界大戦中、ソ連の秘密警察によってポーランド軍将校が虐殺された「カティンの森事件」を、ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督が映画化した問題作。長い間明らかにされてこなかった同事件の真相を、ソ連の捕虜となった将校たちと、彼らの帰還を待ちわびる家族...
2010/07/23(金) 23:43:05 | サーカスな日々
あらすじ1939年、ポーランドはドイツ軍とソ連軍に侵攻されすべてのポーランド軍将校はソ連の捕虜となった。アンジェイ大尉は、彼の行方を探していた妻アンナと娘の目前で、東部...
2010/10/06(水) 21:16:36 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。