観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


孤高のメス
2010年06月10日 (木) | 編集 |
あなたといっしょに仕事がしたい。

孤高のメス1

現職医師・大鐘稔彦によるベストセラー小説を映画化、ひとりの医師の真摯な姿を通して現代医療の問題を投げかけるヒューマン・ドラマ。1980年代を舞台に、ただ患者の命を救うことだけを念頭に法律ではまだ認められていない脳死肝移植にまで挑む一途な外科医と、そんな彼の信念が周囲を変えていく軌跡を重厚なタッチで描き出す。

観ている自分自身も、当麻先生のひたむきな意志が、乗り移り、
共に、手術室にはいっていくような物語。

1989年。大学病院に依存してしまっている地方病院。
そんな、さざなみ市民病院に、ある男がやってくる。
ピッツバーグ大学で高度な外科医術を身につけた医師・当麻鉄彦だ。
仕事への情熱を失っていたオペ担当看護師・浪子の、
ほのかな恋心も交えた目線で、当麻鉄彦という医師の姿が語られていく。

地道に、正確に、患者さんのことだけを考え、自分の全力をつくす。
彼は、しがらみや欲で、判断を曇らせるようなことはしない。

堤真一が、女心には、うとく、仕事一途な職人さんのような男で、カッコいい。
手術室のシーンが、リアルに描かれてて、息詰まるものがありました。

夏川結衣が、どう感じたかという形で描かれてるのが、良かったと思います。


孤高のメス2

本来、メスは切るものだが、ドクター当麻のメスは、ちと違う。
家族、スタッフ、すべての人の思いをつなげていくのが、
ドクター当麻のメスなのだ。


孤高のメス 2010年【日本】126分(パンフ700円)
監督:成島出
原作:大鐘稔彦 孤高のメス―外科医当麻鉄彦〈第1巻〉 (幻冬舎文庫)
出演:堤真一(当麻鉄彦)/夏川結衣(中村浪子)/吉沢悠/中越典子/松重豊/成宮寛貴/矢島健一/平田満/余貴美子/生瀬勝久/柄本明
★★★★★
孤高のメス3
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「孤高のメス」★★★☆ 堤真一、夏川結衣、吉沢悠出演 成島出監督、126分、2010年6月5日公開、2009,日本,東映 (原題:孤高のメス)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気?...
2010/06/15(火) 07:49:46 | soramove
 医療を扱った映画で、手術シーンは珍しくない。  『白い巨塔』の冒頭でも手術シーンがあり、スクリーンに臓器が映し出された。  私は...
2010/06/25(金) 18:43:06 | 映画のブログ
本作は20年前の臓器移植手術がテーマだが、先駆者たちが抱える危険と信念を真摯に描いたタイムリーな題材。臓器移植の他にも、医師不足、手術ミス、地域医療など、20年前にあった問題は今も解決できていないことがわかる。
2010/06/28(月) 01:13:00 | 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。