観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲がれ!スプーン
2010年06月22日 (火) | 編集 |
信じるチカラは、夢見るチカラ。
今宵、どこかで、超能力者のパーティが開かれているかもしれない。

曲がれ!スプーン_写真

人気劇団・ヨーロッパ企画の戯曲「冬のユリゲラー」の映画化。クリスマス・イブ、とある喫茶店‘カフェ・ド・念力’。そこでは、1年に1度本物のエスパー達が集い、普段ひた隠しにしている自らの能力を思う存分披露し合うエスパーパーティなるものが開かれていた。一方、超常現象バラエティ番組のAD・桜井米は、番組企画でエスパー探しに出発!ひょんなことから‘カフェ・ド・念力’にたどり着く。

超能力者といっても、おおっぴらに使うこともできないし、
普段の愚痴や、文句を言ったり、ちょっと自慢したり、のささやかな集まり。
普通の人たちがやるパーティみたいなもんだ。
目立ちたくない、という人たちのところに、外部の人間が来て起こる騒動で、
もとの劇が面白いんだろうなーと思います。

超能力自体は、どうでもいいもんですね。
どんな能力でもそうなのかもしれないが、
その人間のずるさや、せこさ、そのあたりが面白いわけです。

例えば、透視能力を、
壁の向こうが見えてるシーンにすると、そのまんまで、全然、面白くないやん。
その人間のリアクションとかセリフで、おっ、見えてるんじゃないか、ということを
想像していくのが楽しいわけですからね。

人間的な面白さに、たまたま、超能力が付いてるだけ。
そのあたりの表現の仕方だと思うけど、
シチュエーションコメディとして、ちょっと、もの足りないかな。

テレビ的無難なファンタジー映画としては、十分、楽しめると思います。
みんなに夢を与えるため、UFOは、今宵も、やってくる(^-^)

曲がれ!スプーン 2009年【日本】 106分
監督:本広克行
出演:長澤まさみ/志賀廣太郎/川島潤哉/辻修/中川晴樹/諏訪雅/三宅弘城/岩井秀人
★★★☆☆(3.0)
曲がれ!スプーン [DVD] ヨーロッパ企画「曲がれ!スプーン」 [DVD]
曲がれ!スプーン_長澤まさみ
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。