観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミッドナイトイーグル
2008年07月07日 (月) | 編集 |
ミッドナイトイーグル

ひどすぎ。
制作費あるのに。

米軍の戦略爆撃機ミッドナイトイーグルが、北アルプスで消息を絶つ。山に篭り撮影をしていた西崎(大沢たかお)が、墜落する赤い光を撮影。新聞記者の落合(玉木宏)とともに北アルプスへと向かう。

↓以下ネタばれ

ほどなく、ミッドナイトイーグルには核が搭載されてる事実が判明。
日本国に戦慄が走る。
北アルプスで展開される自衛隊員と亡国工作員の壮絶な闘いに、
西崎・落合は巻き込まれていく・・・。
と、いう大スケール娯楽巨篇のはずなんだが、

ダラッーとした場面が続くばかりでまったく緊張感がない。
これは、脚本はもちろん、
カット割りの悪さの影響が大きいのかなっと素人目に思うのですが。
雪山での迫力あるアクションシーン、
対策本部室内でのじりじりとした時間の緊張感、
撮り方と編集が面白くないですよね。

爆撃機内に立てこもる
西崎と自衛隊三等陸佐佐伯昭彦(吉田栄作)。
夜明けと共に亡国工作員は一気に攻め寄せてくる気配だ。
西崎は、自分たちもろとも工作員を焼き殺すためにナパーム弾を打ち込んで欲しいと
総理大臣に進言する。
非情のナパーム弾が発射される、着弾まで数分かかる。
そこで、米映画“アルマゲドン”のような
モニター越しの最後の別れのシーンになる。

主人公の西崎は戦場カメラマンで、妻は亡くなっている。
亡くなった姉の子を妹・有沢慶子(竹内結子)が育てているわけなのだが、
そのあたりのいきさつ、関係が、あまり描かれていないので、
最後の慶子の言葉。
「許さない。」が、
空回りしてしまった。

自分なりに、この二人のこれまでの気持ちを想像して、泣くしかないみたい。

『ミッドナイトイーグル』 2007年【日】
監督:成島出
出演:大沢たかお/竹内結子/玉木宏/吉田栄作
私の感想:★★☆☆☆ 緊迫感ゼロ。
ちなみにヤフー映画評では(★★★☆☆3.27点)でした。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「252 生存者あり」にもあった、どうしようもなさが・・
2010/02/17(水) 01:55:44 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。