観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やさしい嘘と贈り物
2010年11月03日 (水) | 編集 |
主人公の老夫婦を、共にオスカー俳優のマーティン・ランドーとエレン・バースティンが演じる。名優二人を主演に迎え、シリアスな内容ながら心温まる感動作に仕上げたのは、本作で長編初監督を果たす新鋭ニコラス・ファクラー。

クリスマスの贈り物は、何でしょうか?

やさしい嘘と贈り物ポスター

何も知らずに観て、よかった。
キャッチコピーや予告編では、もろに、ネタばれ (*○*;)
クリスマスプレゼントの中味を、教えてから渡す人なんて、おらんだろ。
配給会社は、なに考えとんねん。
米国ポスターは、よく出来てるな、と思います。
上半分が、空白で、なにもないのが、しぶいね。

一人で暮らしのロバートが、メアリーと、かたときも離れたくない、と夢中になっていく様子を見てると、幸せな気持ちになってきます。キラキラするイルミネーションと、クリスマスソングが、二人を盛り上げてくれますね。

が、突如、サスペンスみたいに、現実的に。
だから、ロバートの過去が語られていなかったんですね。

若い世代から、両親、祖父母へのクリスマスプレゼント。という印象がします。
自分も、こんな二人になりたい、と、願いをかけたイメージですね。
やっぱり、監督さんは若い、24歳のかたでした。


多く語られないので、観た方が、それぞれに、贈り物を受け取ったらいいと思います。

たぶん、彼が、選んだプレゼントは、かつて、選んだものと同じなんだろうな。
今の時を生きるロバートが、
今の気持ちで、直感的に、メアリーのために選んだら、これになった。
変わってなかった。
これは、メアリーと家族にとって、
この贈り物をしてよかったと、実感できる瞬間だと思うわ。

毎年、同じプレゼントが、棚に、ひとつづつ、並んでいく光景が浮かびました。
これまでの愛情にあふれた日々が、思われます。

やさしい嘘と贈り物 LOVELY STILL 2009年【米】92分
監督:ニコラス・ファクラー
マーティン・ランドー(ロバート)/エレン・バースティン (メアリー)/エリザベス・バンクス(アレックス)/アダム・スコット(マイク
★★★★☆(4.0)素敵な小作品ですね。
やさしい嘘と贈り物 [DVD]
関連記事


コメント
この記事へのコメント
こんにちは♪
そうそう、この作品は何も知らずに観たほうがよいですね。
私知らずに観たおかげで後半のあのシーンは衝撃的でした。
でも最後はやさしい気持ちになれるとっても素敵な作品ですね。
2010/11/05(金) 13:11:39 | URL | yukarin #-[ 編集]
>yukarinさん、こんばんは!
わかって観ても、感動すると思うけど、
これは、ネタばれしすぎ。
知らなくて良かった。
あったかく優しい気持ちで、観終われましたね。
2010/11/06(土) 23:45:14 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【LOVELY, STILL】 2010/03/27公開 アメリカ 92分監督:ニコラス・ファクラー出演:マーティン・ランドー、エレン・バースティン、アダム・スコット、エリザベス・バンクス孤独な毎日を過ごす老人・ロバートの前に現れた老夫人・メアリーとの素敵な恋愛とちょっぴり切ない...
2010/11/05(金) 12:59:09 | 映画鑑賞★日記・・・
年老いてひとりで暮らす老人のラブストーリー『やさしい嘘と贈り物』。 クリスマスの電飾に彩られたおもちゃのような可愛らしい家や、素敵なそりデートの風景など、その恋の模様はとてもファンタジックです。 「年をとったらチャーミーグリーンのCMみたいな夫婦にな...
2010/11/23(火) 07:29:51 | Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。