観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラン・ローラ・ラン
2010年11月17日 (水) | 編集 |
走れ、ローラ!愛のために

ラン・ローラ・ラン_Poster

SOSの電話を受けた主人公・ローラが家を飛び出すオープニングから、思いもよらない結末まで、物語がスピーディに展開。主人公達の運命が、フィルムとビデオ、カラーとモノクロ、写真、アニメーション、画面の分割、早送り、コマ落とし等、あらゆる手段を駆使した映像で語られる。

走る、走る、走る、
勢いで運命を変えるかのように。
赤毛のローラの走る姿が、ダイナミックで、カッコいい。
サウンドが、スピーディな画面を盛り上げ、
ローラの赤毛が目に焼き付く。

ラン・ローラ・ラン LOLA RENNT RUN LOLA RUN 1998年【ドイツ】81分
監督・脚本:トム・ティクヴァ「パフューム」「ザ・バンク堕ちた巨像」
音楽:トム・ティクヴァ/ジョニー・クリメック/ラインホルト・ハイル
出演:フランカ・ポテンテ(Lola)/モーリッツ・ブライブトロイ(Manni)
★★★★☆(4.0)1999年サンダンス映画祭ワールドシネマ観客賞受賞
ラン・ローラ・ラン [DVD] 
ラン・ローラ・ラン_Photo
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。