観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エアポート2010
2010年11月22日 (月) | 編集 |
飛行機内に、未知のウイルス感染患者が出てしまったら ( ̄□ ̄;)!!
エアポートというより、これは、感染パニックもの、です。

エアポート2010_DVD

ドイツ航空111便。プーケット発ミュンヘン行き。インド洋上空を飛行中、突如容態のすぐれない乗客が続出する。医師のアンネは彼らに応急処置を施すが、容態は変わらず全身から血を流し死亡してしまう。原因は未知のウイルスによるものだと悟ったアンネは、パイロットに緊急着陸を要請するが、ウイルスの拡散を恐れた各国に拒否されてしまう。

ドイツのテレビ映画で、監督さんは、ライナー・マツタニ。日系のかたでしょうか。ドイツ映画界の若手有望株とのことです。
拡散を恐れる政府は、飛行機を軍施設に着陸させ、隔離・検査のための、軍、医療班を送り込みます。ひと昔前の映画ですと、正義感あふれる人物が登場しますけど、時代は、変わりました。そんな奇特な人物、おりません。政府、軍、医療班、乗客、それぞれに、私的理由や感情で行動する人ばっかりです。

エアポート2010_Photo1
主人公の女医さんも変だけど、その旦那も、かなり無茶な人。飛行機を勝手に、離陸させそうと、ひとり奮闘する。それが、もとで、夫婦仲が戻って、めでたしめでたしと、なったりするんですよ。
個人行動が、集まった内容です。わけのわからないパニックが連続して起こり、テンポは、すごく、いいですよ。サクッと楽しめるDVDです。(^▽^)

エアポート2010 2009年【独】92分TVM
FAKTOR 8 - DER TAG IST GEKOMMEN
監督:ライナー・マツタニ
出演:ムリエル・バウマイスター(心理学者)/オリヴァー・モムセン/エミリア・シュール
★★★☆☆(3.0)
エアポート2010 [DVD]
関連記事


コメント
この記事へのコメント
ラストが
ちょっと珍しい作品でしたね
ドイツのTVMですが、美男美女が多くて楽しめました

またすみませんが、一件トラックバックを削除お願いします;
最近どうも一度の送信で2回飛ぶことが多くなってしまっています…><
2010/11/22(月) 14:43:44 | URL | maki #jQTfdwCM[ 編集]
ラストは
不安な感じでしたねー
美男美女、多かったですね。
テレビ映画なので、国民の不満みたいなものも、
取り入れたんでしょうか。
なかなか、思いきった作品でした。
2010/11/22(月) 23:16:54 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ドイツのTVMのようですね。 タイからドイツへの帰還途中の飛行機内で、謎のウイルスにより病気が発症してしまいます。主人公はたまたま娘と一緒にのっていた臨床心理学者のアンネさん。騒然となる機内と管制塔に政府は…という作品。 飛行場や他の航空機でも同じような?...
2010/11/22(月) 14:40:19 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。