観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レオニー
2010年11月25日 (木) | 編集 |
100年前、ひとりで日本の地を踏み、天才を育てた女性がいた。その名はレオニー。

レオニーPoster

世界的に有名な芸術家イサム・ノグチの母、レオニー・ギルモアの物語。20世紀初頭のニューヨーク。これからは女性も仕事を持って生きる時代と、文学の道に進む夢を持ち、希望に満ちた人生が待っていたはずだったレオニー。しかし、一人の日本人青年との出会いによって彼女の人生は波乱に満ちたものとなっていく。レオニーは男を愛し妊るが、男は一方的に日本へ帰国してしまう。シングルマザーとなった彼女は、子供とともにアメリカと日本の二つの国で、困難な時代を生き抜いていく。

レオニーPhoto1

彫刻を彫っていくシーンが、ふいに挿入される。完成まで7年、魂まで彫り込んだ、松井久子監督の芸術作品かのようです。監督さんの熱い思いが、伝わってきます。各パートごとの完成に力を注ぎこんだ感じで、ぶつぎりのような印象があるが、映し出される美術、風景は、たいへん美しいです。

地味な雰囲気のエミリー・モーティマーが、レオ二ーにぴったり。
とまどう表情の中に、芯の強さを感じさせる。
エミリー・モーティマーのインタビューがありましたので、引用しておきます。
あなたにとってレオ二ーとはどんな女性?
レオ二ーはすべての女性やすべての人間のように、いろんな女を持っているわ。知的で、親切で、愛情深く、芸術的な人で、同時に、気難しく、腹立たしくもあり、信念を持っていて、冷酷で、何百万もの感情が入り乱れた人間だわ。
私が、この映画とこのキャラクターを好きなところは、監督が、レオ二ーのキャラクターに様々な表情を与えたところね。人生で私たちは何百万もの別の顔を持っているものだし、監督のキャラクターの描き方は真実だわ。


レオニーPhoto2

レオ二ーは、近頃、よく描かれる自立した女性像ではない。
自分の心に、正直だった人。
それは、人から見れば、時には、なまいきに映るんだと思う。
かなり浮いてる存在でしょうね。
でも、米国でも、日本でも、
母子ともに、差別、排斥され、相当のいやな思いはしてるはずですから、
強い精神力で、自分を保つしかなかったのかもしれません。

若き頃から、自分の心を表現したいと考えていて、それを模索し続けたのかな。
日本語を学ばないのは、日本語で心を表現しきれないと考えてるからだと思う。
そんな彼女の心を受け継いだのが、イサム・ノグチで、
彼は、芸術という言語を通さない形で、母の心を表現してくれた。
その芸術作品は、それを見て触れて感じた子供たちに、
さらに受け継がれ、広がっていくことになる。
母の想いは、喜びは、つきることがない。壮大なスケールを感じます。

レオニー Leonie 2010年【日】132分(パンフ800円)
製作・監督・脚本:松井久子
原作:ドウス昌代 イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)
出演:エミリー・モーティマー/中村獅童/原田美枝子/吉行和子/竹下景子/中村雅俊/柏原崇/大地康雄/メアリー・ケイ・プレイス/クリスティーナ・ヘンドリックス/勅使川原三郎
★★★★☆(4.5)

レオニーPhoto3
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ある母の生涯公式サイト http://www.leoniethemovie.com彫刻家イサム・ノグチ(1904-1988)の母の生涯を描いた映画監督: 松井久子 「ユキエ」 「折り梅」1901年のニ
2010/11/26(金) 14:47:15 | 風に吹かれて
明治の外国人女性の一代記。隣の芝生は青い。自分は平凡な人生を送っていると思っている方は、その幸せを噛みしめて欲しい。困難でも妥協せず自分流にという方は彼女の生き方を参考にして欲しい。お薦め作品だ。
2010/12/03(金) 21:05:10 | 作曲♪心をこめて作曲します♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。