観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリア 永遠の翼
2010年11月28日 (日) | 編集 |
私は、女リンドバーグじゃない、
空を飛ぶことが大好きだった一人の女性、アメリア・イヤハートなの。

アメリア永遠の翼Photo1

女性初の飛行機での大西洋横断に成功した、伝説の飛行士アメリア・イヤハートの成功と苦悩の日々を映画化した人間ドラマ。アメリカ人女性として時代のアイコンとなったアメリアを、アカデミー賞主演女優賞を2度も受賞したヒラリー・スワンクが演じる。アメリアを支える夫にリチャード・ギア、アメリアの友人のパイロットとしてユアン・マクレガーが共演。

ヒラリー・スワンクが製作総指揮も兼ね、力を入れた作品みたいなんですが……
ものすごく単調。淡々とした伝記本を読んでるような印象だ。

米国では、アメリアは“史上最も有名なアメリカ人10人”に入るほどの人物だそうです。
アメリアが、飛行記録に挑戦していた1920年代末から30年代は、大恐慌、第二次世界大戦目前の激動期。1920年の婦人参政権確立を機に、女性の社会的地位がめざましく向上した時代でもあった。次々と記録を打ち立てるアメリアは、女性の社会進出を象徴する人物となった。

祭り上げられ、団体や政治にも利用されたであろうアメリア。彼女の偉業を華々しく称えるような映画には、したくなかったんだと思います。それは、わかるけど、この描き方では、彼女の内面的な苦悩、パートナーとのつながりは、伝わりにくい。
彼女の果てしなく広がる大空への思い、ここだけでも、もっと爽快に描いて欲しかったですね。ヒラリー・スワンクも、ちょっと、暗いだけの印象になってしまった。

アメリア 永遠の翼 AMELIA 2009年【米】111分(パンフ600円)
製作総指揮: ロン・バス/ヒラリー・スワンク 監督: ミーラー・ナーイル
出演:ヒラリー・スワンク、リチャード・ギア、ユアン・マクレガー
★★★☆☆(3.0)

◎関連記事→
ミーラー・ナーイル監督『その名にちなんで
ヒラリー・スワンク主演『11:14』『ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
飛び続ける夢を追いかけて公式サイト http://amelia-movie.com11月27日公開監督: ミーラー・ナーイル 「その名にちなんで」少女の頃から空を飛ぶ事に憧れていたアメリア・イヤハート
2010/11/30(火) 15:17:17 | 風に吹かれて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。