観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イカとクジラ
2008年07月24日 (木) | 編集 |
イカとクジラ

お父さんが、どうしようもない人。
作家でプライドだけ高く、へたに学があるので、
人をバカにして自分の権威を保つという人ですなぁ。
お母さんは、ニューヨーカー誌に載る程の作家なのですが、
ただ、男とすぐ浮気しちゃう変人。
そんな、どっちもどっちの勝手な夫婦が離婚。
今日は父の日、明日は母の日という形で、両方の家を行ったり来たりする生活を、
子供二人は強いられることになります。
迷惑な話ですね。

お父さんは、教え子と関係を持つし、
お母さんも、新しい男が出来てるし、
子供には、どうしようもない環境です。
勝手なことばかり言う大人にやってられんなーという感じで、
なんとか折り合いをつけていこうとする子供達がたくましいですね。
でも実は子供たちは悩んでるわけですよね。

テンポよく進む構成で、うまく作られてると思いますけど、
これが面白いんだろうか。
あまりピンと来ないです。
私には、この笑しさ?は理解しづらく、怪訝な印象でした。
私は俗物。


『イカとクジラ』 The Squid and the Whale 2005年【米】
ドラマ
監督・脚本:ノア・バームバック
出演:ジェフ・ダニエルズ(父バーナード)
   ローラ・リニー(母ジョーン)
   ジェシー・アイゼンバーグ(長男ウォルター)
   オーウェン・クライン(次男フランク)
私の感想:★★☆☆☆ イカ対クジラの感覚がよくわからない。
           カレー対ラーメンぐらいの方が好き。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。