観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


君に届け
2010年12月11日 (土) | 編集 |
観てる私にも、しっかり、届きました (T_T)

君に届け1
原作は、累計発行部数1000万部を突破した椎名軽穂の人気少女コミックだそうです。

黒沼爽子(多部未華子)はその暗い見た目から「貞子」と呼ばれ、クラスからは浮いた存在でいた。唯一同じクラスメイトの風早翔太(三浦春馬)だけは明るく接してくれ、爽子は尊敬の念を抱いていた。風早のおかげで、本当の友達とも出会い、初めて自分の気持ちを話せるようになる爽子。そして、風早に対しての“特別な気持ち”に気付いていく。

出てくるセリフが、ストレートに響く感じがする。泣いてしまう。
もどかしくって、うれしくって、
純粋に、ぎゅと、気持ちを、つかまれてしまう映画。

千鶴とあやねとの友情も大切にし、お互いの想いをわかりあう部分も、
しっかり描かれてるのが、いいですね。

君に届け 2010【日】128分
監督:熊澤尚人 脚本:根津理香、熊澤尚人 脚本協力:まなべゆきこ
原作:椎名軽穂 君に届け 1 (マーガレットコミックス (4061))
出演:多部未華子(黒沼爽子)、三浦春馬(風早翔太)、蓮佛美沙子(吉田千鶴)、夏菜(矢野あやね)、桐谷美玲(胡桃沢梅)、青山ハル(真田龍)
★★★★☆(4.0)
君に届け2
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。