観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マイネーム・イズ・ハーン
2010年12月17日 (金) | 編集 |
私の名前は、ハーン。テロリストじゃない。
たった一言を、大統領に伝えたくて。

インドパワー。多くの方に、おすすめできるDVDです。
これは、借りてよかったと思いました。
あらすじ:心の美しい主人公が繰り広げる奇跡を描く。『フォレスト・ガンプ』に続く号泣必至のヒューマンドラマ。アメリカ在住のイスラム教徒、ハーンはアスペルガー症候群を患っていたが、ある日ヒンドゥー教徒のマンディラと出会い恋に落ちる。結婚して幸せに暮らす二人だったが、9.11事件を機に全てが一変する。やがて、ある決意からアメリカ横断の旅に出ることに。

マイネーム・イズ・ハーン写真
アスペルガー症候群の方は、相手の方が言ったことを、まともに受けてしまうみたい。相手の気持ちを、うまく察することができないみたいなんですね。記憶力が良く、修理が得意なハーンが、電化製品から世の偏見まで、あらゆるものを直していこうとする。

ハーンは、なぜ、大統領に会おうとするのか、
それは、息子のため、奥さんとの約束だから。
母に、必ず、約束は守れと、教えられたから。
ただ、それだけなんです。
だからこそ、彼の行動に心を動かされてしまいます。
彼が、不可能を、可能にしてしまう話で、笑って泣けますよ。

かなり長時間の映画ですけど、時間の長さは気にならなかったです。純真で真面目なハーンと周囲のやりとりが、面白くって、彼の姿から目を離せなくなります。彼に、巻き込まれていくうちに、なんだか彼を応援したくなってくる。主演のシャー・ルク・カーンの演技が、うまかったですし、奥さん役のカージョルも、明るく美しい方です。

マイネーム・イズ・ハーン My Name Is Khan 2010年【インド】162分劇場未公開
監督:カラン・ジョーハル
出演:シャー・ルク・カーン(リズワン・ハーン)、カージョル(マンディラ)
★★★☆☆(3.5)
マイネーム・イズ・ハーン [DVD]
マイネーム・イズ・ハーンポスター

関連映画→『恋する宇宙
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。