観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミレニアム2 火と戯れる女
2011年01月14日 (金) | 編集 |
第2弾は、ひたすら、孤独なリスベットだ。

MILLENNIUM2_POSTER.jpg
少女失踪事件解決から1年後、社会派雑誌ミレニアムで少女売春組織に迫った特集の準備を進めていた担当ジャーナリストが殺害される。現場にリスベットの指紋のついた銃が残されていたことから、彼女は容疑者として指名手配される。


MILLENNIUM2_1.jpg
社会派雑誌ミレニアム!といったスタイルの続編です。暴力を異常なまでに憎むリスベットが犯人のはずがない。リスベットの無実を確信するミカエルが、事件の真相を、取材で明らかにしていくとともに、リスベット本人の過去も浮かび上がってくるというストーリー。

MILLENNIUM2_2a.jpg
頭のいいリスベットは、今回も、カッコいいですよ。人を避ける彼女は、誰にも助けを求めず、たったひとりで、調査を進め、自分の過去に対峙していく。

MILLENNIUM2_2b.jpg
今回の彼女は、いろんな顔を見せていってくれます。

MILLENNIUM2_3.jpg
敵に、先天性無痛症という、無敵の、金髪の巨人キャラが登場。

MILLENNIUM2_4.jpg
やっと再会したと思ったら、もうすでに、彼女は、ぼろぼろ。


前回は、財閥のおどおどろしい謎に、踏み込んでいくのが、ぞくぞくしたんですけど、今回は、事件記者サスペンスといった感じで、タッチが、かなり変わった。次回で、いよいよリスベットの活躍も最後です。楽しみですね。(ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士に、つづく)

ミレニアム2 火と戯れる女 2009年【スウェーデン】129分
Flickan som lekte med elden/The Girl Who Played with Fire
監督:ダニエル・アルフレッドソン 脚本:ヨナス・フリュクベリ
ノオミ・ラパス(リスベット・サランデル)ミカエル・ニュークヴィスト(ミカエル)
★★★☆☆(3.5)
◎原作:ミレニアム2 上 火と戯れる女 ミレニアム2 下 火と戯れる女
ミレニアム2 火と戯れる女 [DVD]


<おまけニュース>
リメイク版のリスベット役は、ルーニー・マーラ。彼女は、デビッド・フィンチャー監督の「ソーシャル・ネットワーク」にも出演しています。日本公開を前に、「主演女優のビジュアルが初公開」の記事が出てました。リメイクなんぞ、する必要はないと思いますが、無名女優さんにとっては、チャンスでしょうから、がんばってください。
MILLENNIUM2_5.jpg
左)リスベット役ルーニー・マーラと「ソーシャル・ネットワーク」で共演したジェシー・アイゼンバーグ。
右)普通時の、ルーニー・マーラ
関連記事


コメント
この記事へのコメント
ハラハラ展開でしたね
リスベットが後半単身のりこんでいくときなんか、ミカエル早くついて~とドギマギしちゃいました
あれだけ信頼し合ってる2人が再会できるのが最後の最後というのも上手い演出かと思います

ハリウッド版の配役がきまったそうですが、
化けるものですねえ~
普通のときとリスベット役のときとの違いが凄いです
なんだかんだいってハリウッド版もみちゃうんだろうなと思います
2011/01/18(火) 13:05:09 | URL | maki #jQTfdwCM[ 編集]
>makiさん、こんばんは!
2作目、3作目は、連続ドラマとして制作されてるので、追跡サスペンス風でしたね。ミカエルとリスベットのつながりも出てたのは、良かったですね。

リメイクも、オリジナルと、ほぼ同じストーリーになりそう。米国版は、どんなリスベッドになるんでしょうね。
2011/01/19(水) 00:22:53 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
孤独
kinoさん、こんにちは!

リスベットは孤独な戦いをやってましたね。
ミカエルとは絆で繋がっているのが分かりましたが。

今回のリスベット、ヘアスタイル(かつらなど)とか
ファッションとかイマイチで、
カッコいいと思えなかったなあ(^^;
(白塗りで赤いラインが入ってるのは良かったけど)
でも、ハートがほんとに強くて、
一人で頑張る姿はカッコ良かったです。
2011/01/21(金) 17:08:25 | URL | YAN #9L.cY0cg[ 編集]
こんにちは!YANさん。
彼女が、妙なかっこで、出てくるのが、面白いのかなと思ってました。
1作目みたいな、強烈な反社会的スタイルじゃなかったですね。

アクションサスペンス風だけど、
リスベットの活躍が観れて、2作目も面白かったです。
過去が、あまりにも明らかにされすぎて、
ミステリアスな魅力は減ってしまいましたね。
2011/01/22(土) 13:15:41 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
前作のようなミステリーを追うタイプの作品ではなかったですね。そのぶん私はトーンダウン。 富豪ヴァンゲル家の少女失踪事件を解決して1年が経った…ミカエルはジャーナリストとして忙しい毎日を送っていた。リスベットは行方不明。それでも互いを気づかう風があったり?...
2011/01/18(火) 13:01:32 | いやいやえん
「ミレニアム」3部作シリーズの2作目。 とうとうリスベットの少女時代が明らかになる! 今回の彼女は痛々しい・・・   ↑こんなシーン無かったよ このショートヘアのほうが好き 監督:ダニエル...
2011/01/21(金) 17:09:39 | RockingChairで映画鑑賞
「ドラゴン・タトゥーの女」から3日後に「火と戯れる女」を見る。今年100本目の映画。原作を先に読んでいると映画化作品には不満を持ってしまうのであり、これも例外ではないが、次...
2011/01/27(木) 11:33:24 | 映画と出会う・世界が変わる
1作目に「リスベット 活躍編」とサブタイトルを付けるなら、本作『ミレニアム2 火と戯れる女』は「リスベット 死闘編」とサブタイトルを付けたい…。 そんな感じの作品です。 第1作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で、初めて観客の前に姿を現したヒロイン、?...
2011/02/05(土) 13:58:29 | Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。