観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


必死剣鳥刺し
2011年01月19日 (水) | 編集 |
豊川悦司も、吉川晃司も、カッコいい。(・∀・)
今回は、かなり異色な剣です。

TORI_ZASHI_DVD.jpg

藤沢周平の短編時代小説「隠し剣」シリーズの一編を、豊川悦司主演で映画化。天心独名流の剣の達人・兼見三左エ門は、海坂藩の藩政に良からぬ影響を与える藩主の妾を殺める。しかし処分は軽いもので、その腕を買われた三左エ門は藩主の命を狙う別家の帯屋隼人正(おびやはやとのしょう)殺害の命を受ける。一方、三左エ門と血のつながりのない姪・里尾は、密かに三左エ門に恋心を寄せていた。


鳥刺し。それは、必死必勝の剣で、
その剣が現れる時、遣い手は、半ば死んでいる、という。

妻が亡くなり、子もいない兼見三左エ門。一度は、世のため、我が身を捨てたのに。これでは、墓場から、引き戻され、生きながら殺されてると同じではないか。半ば死んでいる彼の、耐えに耐えた感情が爆発した時、必殺剣が炸裂する。苦しみに苦しみ抜いた者だけが使える、哀しい必殺剣ですね。

三左エ門が、語らない死人に近いので、亡き妻の姪である里尾は、言うときは、はっきり思ったことを言う、少し違った女性の役でした。ゾンビのような三左エ門に、せっせと、生きる活力を、運んでいくような強さを持ってますね。最後の壮絶なる斬り合いは、心変わりした三左エ門の、生きよう、生きようと、あらがう姿でもあったと思います。


全体に、あまりにも、現在と過去を、行きつ戻りつしすぎだったかなー。兼見三左エ門の翻弄されていく心情の表現だと思うけど、唐突に、時間の流れをぶちきるので、情緒感を欠いてしまいますね。構成的には、残念に思いました。

必死剣鳥刺し 2010年【日本】114分
監督:平山秀幸 脚本:伊藤秀裕、江良至
原作:藤沢周平『必死剣 鳥刺し』(隠し剣孤影抄 (文春文庫) 所収)
出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳
★★★☆☆(3.5)
必死剣鳥刺し [DVD]
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
藤沢周平の隠し剣シリーズの1編ですね。 それは、必死必勝の剣。その秘剣が抜かれる時、遣い手は、半ば死んでいるとされる。 物語はもう知っているので、あとは当てはめていくだけなんだけど…豊川さんとのロマンス部分があるぶん里尾役の池脇千鶴さんがあまりにも幼な...
2011/02/20(日) 14:30:39 | いやいやえん
藩政を乱す藩主の側室を刺殺した物頭・兼見三左エ門は、特別に死一等を免ぜられ謹慎の後、密かに彼を慕う姪の献身もあり生きる気力を取り戻していくのだが……。 『たそがれ清兵衛』『武士の一分』の藤沢周平原作、『太平洋の奇跡』の平山秀幸監督、豊川悦司・池脇千鶴・…
2011/03/01(火) 02:49:01 | シネフィルも萌えヲタも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。