観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デッド・サイレンス
2008年07月31日 (木) | 編集 |
デッド・サイレンス壁紙
ジグソウ人形じゃないよ。
腹話術人形。

『ソウ』を生んだ監督ジェームズ・ワン/脚本リー・ワネルということで、
観たんだけど、古いホラー映画風に撮ってるみたいで、少々、たいくつ。

ジェイミーとリサ夫婦の元に差出人不明の小包が届く。
開けてみると、そこには気味の悪い腹話術人形が入っていた・・・
出だしは、思わせぶりなんだけど、
デッド・サイレンスというだけあって、静かなホラーです。
音楽と雰囲気で進んでいくタイプですね。

最後のオチのための、なが---------い前振りみたいな映画でした。
オチのアイデアを活かすんじゃなく、本編をもう少し工夫して欲しかった。

『デッド・サイレンス』  Dead Silence 2007年【米】
ホラー
監督:ジェームズ・ワン『ソウ』 脚本:リー・ワネル『ソウ』
出演:ライアン・クワンテン(ジェイミー)/ローラ・レーガン(リサ)/ドニー・ウォールバーグ(リプトン刑事)
感想:★★☆☆☆ 眠くなった。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。