観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


渡辺謙、被災者へのメッセージを朗読で
2011年03月19日 (土) | 編集 |
俳優の渡辺謙さん(51)が15日夜、脚本家の小山薫堂さん(46)とともに、東日本大震災の被災者を励ますためのメッセージサイト「kizuna311」を立ち上げたそうですので、載せておきます。
kizuna311オフィシャルサイト

渡辺謙「雨ニモマケズ」朗読(YouTube)



タイミング的なものがありますが、
こういった救援物資というのも大切なものだと思います。
避難所のテレビで、映され、観ることができたら、いいですね。

がんばろうという励ましは、
何をがんばればいいねん、という漠然としたものになってしまうので、
がんばろうは、言わない方がいいと思います。
通常番組になり、地震関連は減りましたが、
気持ちは、向けておいたままにしておきたいです。



●東日本大震災から、1週間がすぎました。
ニュースを見守ってきましたが、
行方不明の方の捜索も続いており、たいへんな状況だと思います。
届きやすいところに物資は届いてますが、
孤立してる避難場所には、まだ届きにくいのかと。
仮設住宅の着工にはいった地域も出ており、
これまでの経験から、着々と、はやい対応もできてるように思います。

東京の民放報道は、なにも役に立たないキャスターを飛ばしたりで、相変わらずでした。観ながら、かなり、いらいらしてました。この状況だと、映像だけで十分わかるので、現地を知らないレポーターは不要ですね。その分、救援物資でも運んだ方が、まだましです。
レポーターは、どうやってこの現場までたどり着いたか、その途中で見た事、訊いた事、それをレポートし、どう感じたかをしゃべらないとだめです。観ている人間に、状況を想像させること、これが一番、大事だと思います。

阪神淡路大震災の時も派手な倒壊高速道路ばっかり映ってた。そこには、生死の境にいる人なんていなかったんですよ。倒壊家屋の下敷きになり、一刻も早い救出が必要な人が街中にあふれていた。取材ヘリの爆音が助け声をかき消し、道路の混乱を煽った。これは、僕にとっては怒りやね。映像を流すことしか発想しないテレビ局は、さまざまな災害から何も学んでいないし、遅れきってしまってると感じました。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
東日本大震災の被災者を励ますメッセージサイト「kizuna311」 俳優 渡辺謙と脚本家 小山薫堂が立ち上げ トム・クルーズやレオナルド・ディカプリオら共演者から 日本を心配するメッセージを受け取った渡辺が”呼びかけ人”となり、 「“Tsunami”よりも、“Kizuna”...
2011/03/21(月) 01:23:16 | 『映画な日々』 cinema-days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。