観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ライラの冒険 黄金の羅針盤
2008年08月12日 (火) | 編集 |
ライラの冒険 黄金の羅針盤

「黄金の羅針盤」「神秘の短剣」「琥珀の望遠鏡」で成る三部作の序章にあたるらしい。

ライラの世界では、人にダイモンという精霊がひっついております。
魂が動物の形に具現化され、目に見えているわけです。
あの“ジョジョの奇妙な冒険”のスタンドみたいなもんですよね。

この映画の設定がスタンドみたいだなぁと思って観ただけなんですが、
序章としては、ちょっとしんどいかなー。
クマさんのCGは迫力ありますが、次々に話が進んでしまうせいか、
わくわくする冒険が始まるーとは思えないです。

小説のダイモンを映像化するだけでも結構面白いとは思うんです。
人物の性格や精神を目で見えるダイモンで反映していけるわけだから、
これは映像化したくなる素材でしょう。
原作を変えてはいけないのかもしれませんが、あまりにも原作の筋を追いすぎてしまい、
楽しさやドキドキ感が置いてきぼりになっている、そんな気がします。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 The Golden Compass 2007年【米・英】
ファンタジー
監督:クリス・ワイツ
出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ(女優) ライラ・ベラクア
   ニコール・キッドマン(女優) コールター夫人
   ダニエル・クレイグ(男優) アスリエル卿
私の感想:★★★☆☆ 展開が速すぎ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。