観た映画の感想が綴られてます。ゆったり、更新。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロング・エンゲージメント
2008年08月26日 (火) | 編集 |
ロング・エンゲージメント1
ロング・エンゲージメント2

一風変わった作品なので、関西弁で表現した方が合うような気がする。

マチルド、あんたのマネクは、もうこの世には、おらんのや。
つらいやろうけど、戦死したんやで。
なんべん、いうたらわかんのや。

マネクが、死んでるわけないがな。
生きとるいうたら、生きとるんや。
なんで、それが、わからへんの。
・・・
よっしゃ、待っててや。
私の愛の力で必ず捜しだしたるから。

そんな、イメージかな。
“愛の直感”を信じるマチルドは、いろいろ手をつくし、集まってくる情報から、戦場で起こった出来事を、想像・推理していく。推理といっても、登場人物の名がややこしくて、途中、いったいどこまで調査が進んでるのか、よくわかりません。
でも、そういう推理なんてのは、どうでもいい話で、
かなり不思議ちゃんのマチルド=オドレイ・トトゥが、
一生懸命、彼の行方を探し求めていくところがいいんです。

途中、ジョディ・フォスターも出てて、びっくりした。

『ロング・エンゲージメント』 A Very Long Engagement 2004年【仏・米】
ドラマ
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 『アメリ』
出演:オドレイ・トトゥ(女優) マチルド 『アメリ』
   ギャスパー・ウリエル(男優)マネク 『かげろう』
   ドミニク・ピノン(男優) シルヴァン
   ジョディ・フォスター(女優) エロディ・ゴルド
脚本:ギョーム・ローラン 『アメリ』
原作:セバスチャン・ジャプリゾ『長い日曜日』(東京創元社)
私の感想:★★★☆☆ なかなか、おもろいよ。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。